○津幡町少年育成センター規則

昭和54年3月22日

教委規則第1号

(設置)

第1条 少年の育成指導活動を総合的に推進し、少年の非行を防止するとともにその健全な育成をはかるため、津幡町少年育成センター(以下「育成センター」という。)を置く。

(名称及び位置)

第2条 育成センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 津幡町少年育成センター

位置 津幡町教育委員会事務局内

(業務)

第3条 育成センターは、次に掲げる業務を行う。

(1) 少年の育成指導及び相談に関すること。

(2) 少年の育成指導に関する調査、研究及び資料収集に関すること。

(3) 関係機関、関係団体等の連絡調整に関すること。

(4) その他少年の育成指導について必要と認める事項

(職員)

第4条 育成センターに所長及び少年育成指導員を置く。

(運営協議会)

第5条 育成センターの育成指導活動に必要な業務計画を協議するため、津幡町育成センター運営協議会(以下「運営協議会」という。)を置く。

2 運営協議会は、委員10人以内をもって組織する。

3 委員の任期は、2年とし、再任を妨げないものとする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 委員は、少年の育成指導に関係ある機関の職員及び団体の代表のうちから津幡町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が委嘱する。

(会長及び副会長)

第6条 運営協議会に会長及び副会長を置き、委員のうちから互選する。

2 会長は、会務を総理し、運営協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき又は欠けたとき、その職務を代理する。

(会議)

第7条 運営協議会の会議は、会長が必要に応じて招集し、会長が議長となる。

(育成員)

第8条 育成センターに育成指導活動を実施するため、津幡町少年育成センター育成員(以下「育成員」という。)50人以内を置く。

2 育成員の任期は、2年とし、再任を妨げないものとする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 育成員は、少年の育成指導に関係ある機関及び団体から推せんのあった者並びに民間有志者のうちから教育委員会が委嘱する。

(育成員の任務)

第9条 育成員は、業務計画に基づいて、育成指導を必要と認められる少年の早期発見及び早期育成指導の業務(以下「育成指導業務」という。)を担当する。

2 育成員は、育成指導業務に従事するにあたっては、育成員証を携帯するものとする。

3 育成員は、育成指導に際して少年の特性を理解し、深い愛情をもって少年に接するとともに、基本的人権を尊重し、非行の真相を把握し、健全な育成をはかるほか、業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

(雑則)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年6月1日教委規則第3号)

この規則は、昭和59年6月1日から施行する。

附 則(平成11年4月1日教委規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年6月1日教委規則第5号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月23日教委規則第6号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年2月26日教委規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年4月30日教委規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

津幡町少年育成センター規則

昭和54年3月22日 教育委員会規則第1号

(平成20年4月30日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和54年3月22日 教育委員会規則第1号
昭和59年6月1日 教育委員会規則第3号
平成11年4月1日 教育委員会規則第6号
平成14年6月1日 教育委員会規則第5号
平成18年3月23日 教育委員会規則第6号
平成19年2月26日 教育委員会規則第3号
平成20年4月30日 教育委員会規則第10号