○津幡町立図書館設置条例

平成8年3月22日

条例第5号

(設置)

第1条 町民の教育と文化の発展に資するため、図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)の定めるところにより、図書館を設置する。

(名称及び位置)

第2条 図書館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 津幡町立図書館

位置 津幡町北中条3丁目1番地

(職員)

第3条 図書館に館長、司書その他必要な職員を置くことができる。

2 館長は、館務を掌理し、所属職員を監督する。

3 職員は、館長の命を受けて、事務に従事する。

(休館日及び開館時間)

第4条 図書館の休館日及び開館時間は、津幡町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が別に定める。

(費用の負担)

第5条 図書館資料の複写を依頼しようとする者及び図書貸出カードの再交付を受けようとする者は、別表の費用を負担しなければならない。

2 前項に掲げる費用は、前納とする。

(入館の制限)

第6条 教育委員会は、次の各号のいずれかに該当するときは、図書館に入館することを禁止し、又は必要に応じて退去を命ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認められるとき。

(2) 暴力その他の不法行為を行うおそれがあると認められるとき。

(3) 図書館の施設、設備及び資料を損傷し、又は損傷するおそれがあると認められるとき。

(4) その他図書館の管理運営上支障があると認められるとき。

(協議会)

第7条 法第14条第1項の規定に基づき、津幡町図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、委員10人以内で組織する。

3 委員は、次に掲げる者の中から教育委員会が任命する。

(1) 町内の学校の教職員

(2) 町内の社会教育関係団体から推薦された者

(3) 学識経験者

4 委員の任期は、2年とする。ただし、委員に欠員を生じた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(損害賠償)

第8条 図書館の利用者が故意又は過失によって図書館の建物、設備、資料等を損傷し、滅失し、又は紛失したときは、町長の定める額を賠償しなければならない。ただし、町長が特にやむを得ない理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成10年3月18日条例第9号)

この条例は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月15日条例第17号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。ただし、第2条の改正規定は、平成17年8月1日から施行する。

附 則(平成20年11月14日条例第24号)

この条例は、平成20年11月15日から施行する。

附 則(平成24年3月14日条例第14号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月13日条例第15号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月12日条例第31号)

この条例は、平成29年1月1日から施行する。

別表(第5条関係)

区分

費用

複写

白黒 A3版以内 1枚につき10円

カラー A3版以内 1枚につき50円

図書貸出カードの再交付

1件につき 100円

備考 用紙の両面に複写して写しの作成を行う場合においては、当該用紙の片面をそれぞれ1枚として算定する。

津幡町立図書館設置条例

平成8年3月22日 条例第5号

(平成29年1月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成8年3月22日 条例第5号
平成10年3月18日 条例第9号
平成17年3月15日 条例第17号
平成20年11月14日 条例第24号
平成24年3月14日 条例第14号
平成27年3月13日 条例第15号
平成28年12月12日 条例第31号