○津幡町緑化、美化の推進に関する条例

昭和49年3月18日

条例第1号

(目的)

第1条 この条例は、津幡町の自然環境中緑化等を推進することにより、清らかで美しい生活環境の創造と保全向上を図るため必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 事業者 会社、工場等を経営し、事業活動を行なう者をいう。

(2) あき地 住宅、工場、事業場等の建設を目的として、農地を転用しながら現に使用していない土地または建造物の跡地をいう。

(3) 危険な状態 雑草(これに類したかん木を含む。)が繁茂し、かつ、それがそのまま放置されているため、清潔な生活環境が阻害され、ひいては犯罪、火災の発生、ゴミの投棄または病害虫の発生の原因となるような状態をいう。

(事業者の行なう植樹等)

第3条 次の各号の1に該当する事業者は、樹木の植栽、花きの植え付け及びそれらの保存を行ない環境の緑化と美化の創造に努めなければならない。

(1) 同一地に連続して2,000平方メートル以上の事業の用に供する宅地(同一の経済的効用を発揮するものに限る。)を有する者

(2) 建築面積1,000平方メートル以上の事業の用に供する建造物を有する者

2 前項に規定する植樹は、事業活動を開始した日から1年以内に完了するよう努めなければならない。ただし、町長は、特別の事由により本文の規定により難いと認めた者に対してはその期限を延長することができる。

(町の行なう植樹等)

第4条 町長は、公用又は公共用地にその施設にふさわしい樹木の植栽、花き等の植え付け及びそれらの保存を行ない環境の緑化並びに美観風致の確保向上に努めるものとする。

(町民等の協力)

第5条 町内に宅地を有する者(第3条の規定に該当する者を除く。)は、この条例の主旨にそって環境の緑化と美化に協力しなければならない。

(啓発措置)

第6条 町長は、郷土にふさわしい樹木および花等を町木、町花として選定し、若しくは記念植樹等を実施するなど町民が自発的に緑化、美化の推進に協力するよう啓発措置を講ずるものとする。

(日照の確保)

第7条 緑化推進にあたり町民は、自らの日照の確保に留意し、隣接者は、相互に日照を尊重し合わなければならない。

(種苗のあっせん)

第8条 町長は、植樹等を促進するため、少くとも年1回種苗のあっせんに努めるものとする。

(あき地の環境保全)

第9条 あき地の所有者または管理者(以下「所有者等」という。)は、当該あき地が危険な状態にならないよう適切に管理しなければならない。

2 町長は、あき地が危険な状態になるおそれがあると認めるときは、当該あき地の管理について所有者等に対し指導または勧告することができる。

(委任)

第10条 この条例を施行するため必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

津幡町緑化、美化の推進に関する条例

昭和49年3月18日 条例第1号

(昭和49年3月18日施行)