○津幡町緑化、美化の推進に関する規則

昭和49年3月18日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、津幡町緑化、美化の推進に関する条例(昭和49年津幡町条例第1号。以下「条例」という。)の規定に基づき、条例施行のため必要な事項を定めることを目的とする。

(事業者の植栽基準)

第2条 条例第3条に規定する事業者の行なう植栽は、次の基準によるものとする。

(1) 植栽面積は、事業場あき地面積の50%以上とする。

(2) 植栽数量は、前号の面積につき概ね5平方メートル当り1本とする。

(3) 植栽木の樹令は、5年生以上とする。

(公用地等の植樹計画)

第3条 公用又は公共用地の植樹等については、各施設を管理する所属長の植樹計画に基づき総合的かつ計画的に行なうものとする。

(記念植樹)

第4条 記念植樹は、毎年次により行なうものとする。

(1) 記念植樹の時期は、毎年11月とする。

(2) 記念植樹対象者は、前年10月より当該年度の9月迄に結婚し、当町に在住する者とする。

(3) 記念植樹の場所は、その都度指定するものとする。

(種苗のあっせん)

第5条 条例第8条の規定により行なう種苗のあっせんは、津幡森林組合に委託することができる。

2 種苗のあっせん価額は原価とし、委託に要する費用は原価の20%以内とする。

(あき地の適用区域)

第6条 条例第9条に規定するあき地の適用区域は、都市計画区域とする。

(勧告)

第7条 条例第9条第2項の規定による勧告は、あき地の環境保全勧告書(別紙)によるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

津幡町緑化、美化の推進に関する規則

昭和49年3月18日 規則第1号

(昭和49年3月18日施行)