○津幡町農業委員会規程

昭和32年7月24日

農委規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、津幡町農業委員会(以下「委員会」という。)の円滑なる運営を図るため、その組織及び職員並びに所掌事務を定めることを目的とする。

(会長の任期)

第2条 会長の任期は、委員の任期とする。

2 会長が委員を辞任し、又は会長の職を辞したときその他会長が欠けるに至ったときは、その欠ける日から10日以内に会長を定めなければならない。

(会長の職務代理)

第3条 会長が欠けたとき又は事故があるときは、委員の中から委員があらかじめ選挙して定めた委員がその事務を代理する。

(事務局の設置)

第4条 委員会に事務局を置く。

2 事務局に事務局長、事務局次長、係長その他の職員を置く。

3 前項の職員の定数は、津幡町職員定数条例(平成5年津幡町条例第3号)の定めるところによる。

(局長専決事項)

第5条 局長は、別に定めがある場合を除くほか、次の事項を専決することができる。

(1) 証明、照会及び回答に関すること。

(2) 定例の願、届出等の受理及び経由進達並びに議決事項の副申に関すること。

(3) 公簿の閲覧に関すること。

(4) 所属職員の事務分担の決定に関すること。

(5) 所属職員の出張、休暇、欠勤及び時間外勤務命令等に関しては、町長事務部局職員の例による。

(身分を示す証票)

第6条 委員会の委員、農地利用最適化推進委員及び職員がその所掌事務を行うため、立入調査をするときの身分を示す証票を、次のように定める。

画像

(公印)

第7条 委員会及び会長の公印を次のように定める。

画像

縦 25ミリ

横 25ミリ

画像

縦 18ミリ

横 18ミリ

(公示)

第8条 委員会の公示は、津幡町公告式条例(昭和29年津幡町条例第3号)により行うものとする。

(準用規定)

第9条 この規程に定めるもののほか、委員会の事務処理及び服務については、町長の事務部局の例による。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年3月18日農委規程第1号)

この規程は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年12月20日農委規程第1号)

この規程は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年10月17日農委規程第1号)

この規程は、昭和62年11月1日から施行する。

附 則(平成12年2月28日農委規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年7月18日農委規程第2号)

この規程は、平成29年7月20日から施行する。

津幡町農業委員会規程

昭和32年7月24日 農業委員会規程第1号

(平成29年7月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
昭和32年7月24日 農業委員会規程第1号
昭和49年3月18日 農業委員会規程第1号
昭和57年12月20日 農業委員会規程第1号
昭和62年10月17日 農業委員会規程第1号
平成12年2月28日 農業委員会規程第1号
平成29年7月18日 農業委員会規程第2号