○津幡町道路位置指定指導要綱

昭和62年4月1日

告示第18号

(目的)

第1条 この要綱は、建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第144条の4で定める基準に適合する建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第42条第1項第5号に規定する道路の位置の指定(以下「道路位置指定」という。)に対して一定の基準を定めてこれを指導し、無秩序な宅地化を防止すると共に適切な道路等の整備改善を図り、もって良好な住環境を有する街づくりに寄与することを目的とする。

(道路の幅員)

第2条 道路位置指定により築造される道路の幅員は6m以上とする(様式第1号)ただし、次の各号の一に該当し町長がやむを得ないと認めた場合、有効幅員4m以上とすることができる。

(1) 将来地区による幅員6m以上とする計画がある場合(様式第2号)

(2) 住宅密集地、宅地の奥行きが狭いなど地形的理由により幅員6m以上の築造が著しく困難な場合

(道路の延長)

第3条 道路位置指定により築造される道路は、法第42条に定める道路から、既存道路、農道、水路又は道路の計画のある土地に接続するまでとする(様式第3号)ただし、周辺の状況により通り抜け道路を築造する必要性がなく、町長がやむを得ないと認められる場合はこの限りでない。

(側溝等)

第4条 道路位置指定により築造される側溝は、道路の両側に設け流末を既設排水路に接続しなければならない。

(路面構造)

第5条 道路面は、アスファルト舗装で厚さ5cm以上を原則とする。

(土地の帰属)

第6条 築造される道路が町道認定基準に合う場合又は将来延長される予定がある場合、道路敷を道路位置指定が認定された日において町に帰属するものとする。

附 則

この要綱は、公表の日から施行する。

附 則(昭和63年10月1日告示第40号)

この要綱は、公表の日から施行する。

改正文(平成7年6月21日告示第30号)

公表の日から施行する。

画像

画像

画像

津幡町道路位置指定指導要綱

昭和62年4月1日 告示第18号

(平成7年6月21日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
昭和62年4月1日 告示第18号
昭和63年10月1日 告示第40号
平成7年6月21日 告示第30号