○津幡町特別工業地区建築条例

平成3年6月20日

条例第12号

(目的)

第1条 この条例は、建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第49条第1項の規定に基づき、特別工業地区における土地利用の効率及び高度化を図るため建築物の制限又は禁止に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(適用区域)

第2条 この条例の適用を受ける地域は、都市計画法(昭和43年法律第100号)第8条第2号について、同法第19条第1項の規定により指定された津幡都市計画特別工業地区とする。

(用語の定義)

第3条 この条例における用語の定義は、法及び建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)で使用する用語の例による。

(建築物の制限)

第4条 特別工業地区内においては、別表に掲げる用途に供する建築物を建築し、又は用途を変更し新たにこれらの用途に供してはならない。ただし、町長が衛生上の有害の度が低いと認め、又は公益上やむを得ないと認めて許可した場合はこの限りではない。

2 町長は、前項ただし書の規定による許可をする場合においては、あらかじめ知事と協議しなければならない。

(規則への委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

(罰則)

第6条 第4条の規定に違反した場合における当該建築物の設計者(設計図書を用いないで工事を施行した場合においては、当該建築物の工事施行者)は、20万円以下の罰金に処する。

2 前項に規定する違反があった場合において、その違反が建築主の故意によるものであるときは、当該設計又は工事施行者を罰するほか、当該建築主に対して同項の刑を科する。

附 則

この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲において規則で定める日から施行する。

附 則(平成12年3月15日条例第39号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

特別工業地区内に建築してはならない建築物

1 図書館、博物館その他これらに類するもの

2 風俗営業法第2条第1項第5号から第8号までに定める低照明の飲食店等、他から見通すことの困難な飲食店等、マージャン屋、パチンコ店、スロットルマシーン又はテレビゲーム店等

3 風俗営業法第2条第4項第1号から第5号までに定める浴場業(俗称「ソープランド」等)、興行業(俗称「ストリップ劇場」等)、宿泊休憩施設(俗称「ラブホテル」等)、物品販売業(俗称「アダルトショップ」等)その他これらに類するもの

4 専用装置による伴奏音楽に合わせて歌唱する用に供する個室(俗称「カラオケハウス」等)

5 住宅、共同住宅、下宿及び寄宿舎その他これらに類するもの。ただし、次の各号に該当する場合においては、この限りでない。

(1) 工場、倉庫及び店舗(以下「当該工場等」という。)と一団の敷地で総合的に建設されたもの

(2) 当該工場等の管理のために必要な住宅又は当該工場等に従事する者のための寄宿舎

(3) 居住の用に供する部分の床面積の合計の2分の1を超えないもの

津幡町特別工業地区建築条例

平成3年6月20日 条例第12号

(平成12年3月15日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成3年6月20日 条例第12号
平成12年3月15日 条例第39号