○津幡町準用河川管理規則

昭和51年6月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 河川法(昭和39年法律第167号。以下「法」という。)第100条第1項の規定により指定した河川(以下「準用河川」という。)について法、河川法施行法(昭和39年法律第168号)、河川法施行令(昭和40年政令第14号)及び河川法施行規則(昭和40年建設省令第7号)に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(河川の台帳の作成)

第2条 町長は、その管轄する区域内にある河川について、法第100条第1項において準用する法第12条の規定による準用河川に係る河川の台帳を作成するものとする。

(申請書等の提出先及び提出部数)

第3条 法又はこの規則に基づき、町長に対してなすべき許可、承認、検査等の申請又は届出を行なおうとする者は、当該書類を産業建設部都市建設課に2部提出しなければならない。

(許可事項の変更)

第4条 許可を受けた者は、天災その他やむを得ない事由により、許可に係る事項に変更を生じたため、当該許可事項につき、変更の許可を受けなければならないときは、その事由を詳記して10日以内に町長に申請しなければならない。

(届出)

第5条 法第100条第1項において準用する法第23条から第27条までの許可を受けた者が、次の各号の1に該当するときは、その旨を10日以内に町長に届出なければならない。

(1) 住所又は氏名を変更したとき。

(2) 法人が主たる事務所の所在地又は名称を変更したとき。

(3) 許可に係る行為を中止又は廃止したとき。

(許可期間)

第6条 法第100条第1項において準用する法第23条又は第24条の規定による占用許可の期間は、5年以内とする。ただし、かんがい用水及び上水道用水施設については10年以内とする。

2 町長は、申請に基づき、許可の期間を更新することができる。

3 許可の期間の更新を申請しようとする者は、期間満了の日の15日前までに申請しなければならない。

(許可工作物の検査)

第7条 法第100条第1項において準用する法第30条第1項の完成検査の申請は、工事完了後7日以内にしなければならない。

(許可事項の標示)

第8条 次の各号に掲げる許可を受けた者は、許可を受けた日から1週間以内に、当該許可に係る区域内の見やすい所に、当該各号に掲げる標識を立てなければならない。

(1) 法第100条第1項において準用する法第24条の許可 土地占用許可標識(様式第1号)

(2) 法第100条第1項において準用する法第25条及び第27条第1項の許可 土砂石採取及び土地掘削許可標識(様式第2号)

(3) 法第100条第1項において準用する法第27条第1項の許可 土地掘削等許可標識(様式第3号)

(雑則)

第9条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成12年3月17日規則第22号)

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月24日規則第22号)

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月14日規則第8号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

津幡町準用河川管理規則

昭和51年6月1日 規則第11号

(平成18年4月1日施行)