○津幡町下水道排水設備工事指定業者に関する規則

平成10年3月18日

規則第12号

(目的)

第1条 この規則は、津幡町公共下水道条例(平成元年津幡町条例第23号。以下「条例」という。)第7条第2項の規定に基づき、排水設備工事業者の指定について、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規則において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 排水設備工事 下水道法(昭和33年法律第79号)第10条第1項に規定する排水設備の工事(新設、増設、改築及び撤去を含む。)をいう。

(2) 下水道排水設備工事指定業者 条例第7条の規定に基づき、排水設備工事の施行ができるものとして、町長が指定した工事業者(以下「指定業者」という。)をいう。

(3) 下水道排水設備工事責任技術者 石川県下水道協会が排水設備工事の設計及び施行に関する技術を有する者と認定し、責任技術者資格者名簿に登録した者(以下「責任技術者」という。)をいう。

(指定業者の要件)

第3条 指定業者は、次の各号に該当する要件を備えている者でなければならない。

(1) 責任技術者が1名以上専属していること。

(2) 排水設備工事の施行に必要な設備及び器材を有していること。

(3) 石川県内に営業所を有していること。

(4) 指定業者の資格を取り消されたものについては、その取り消しの日から2年以上経過していること。

(指定の申請)

第4条 指定業者の指定を受けようとする者は、排水設備工事指定業者申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に次に掲げる書類を添付し、町長に申請しなければならない。

(1) 店舗又は営業所の位置図

(2) 専属の責任技術者及び従業員名簿(様式第2号)

(3) 発行後3箇月以内の住民票抄本、法人にあっては定款の写し及び登記事項証明書

(4) 所有機器調書(様式第3号)

(5) その他町長が必要と認める書類

(指定業者の指定及び有効期間)

第5条 町長は、前条の規定に基づく申請があったときは、内容を審査し、指定業者を指定する。

2 町長は、前項の規定に基づき指定業者を指定したときは、排水設備工事指定業者証(様式第4号。以下「指定業者証」という。)を交付する。

3 指定業者証は、店舗等の見やすい場所に掲げなければならない。

4 第1項の指定の有効期間は、その指定の日から起算して5年とする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを短縮することができる。

(継続指定の申請)

第6条 指定業者は、前条第4項の有効期間の満了に際し、引き続き指定業者の指定を受けようとするときは、町長の指定する日までに申請書を提出しなければならない。

2 前項の申請書に添付又は提出する書類等については、第4条の規定を準用する。

(指定業者の遵守事項)

第7条 指定業者は、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 排水設備工事に関する法令、条例及び規則を遵守するほか、町長の指示に従うこと。

(2) 排水設備工事に関する設計、監督その他技術的な事項は、責任技術者に担当させること。

(3) 指定業者として自己の名義を他の業者に貸与しないこと。

(4) 災害等緊急時に、排水設備の復旧に関し町長から協力の要請があった場合は、これに協力するよう努めなければならない。

(届出義務)

第8条 指定業者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかにその旨を届け出なければならない。

(1) 指定業者としての営業を廃止し、休止し、又は再開しようとするとき。

(2) 商号又は組織を変更したとき。

(3) 代表者に異動があったとき。

(4) 営業所を移動したとき。

(5) 専属する責任技術者に異動があったとき。

(指定の取消し等)

第9条 町長は、指定業者が次の各号のいずれかに該当するときは、その指定を取消し、又は1年を超えない範囲内で期間を定め指定の効力を停止することができる。

(1) 第3条各号に掲げる要件を満たさなくなったと認められるとき。

(2) 指定業者として不正又は不都合な行為があったと認められるとき。

(3) 排水設備工事に関する法令、条例又は規則に違反する行為があったと認められるとき。

(4) 指定業者としての営業を廃止する旨の届出があったとき。

(指定業者証の返納)

第10条 次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに指定業者証を町長に返納しなければならない。

(1) 第5条第4項に規定する有効期間が満了したとき。

(2) 前条第1項の規定により、取消しの処分があったとき。

(告示)

第11条 町長は、指定業者を指定し、又はその指定を取消し、若しくは停止したときは、告示するものとする。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。

2 改正前の津幡町下水道排水設備工事指定業者に関する規則(以下「旧規則」という。)の規定により指定された指定業者は、改正後の津幡町下水道排水設備工事指定業者に関する規則(以下「新規則」という。)第5条第1項の規定により指定された指定業者とみなす。

3 この規則の施行の際、現に旧規則の規定により交付された指定業者証(指定業者の指定期間が満了していないものに限る。)は、新規則第5条第2項の規定により交付された指定業者証とみなす。

附 則(平成17年2月21日規則第6号)

この規則は、平成17年3月7日から施行する。

附 則(平成24年1月23日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年6月18日規則第21号)

この規則は、平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像

津幡町下水道排水設備工事指定業者に関する規則

平成10年3月18日 規則第12号

(平成24年7月9日施行)