○津幡町交通安全施設原材料支給要綱

平成11年6月15日

津幡町告示第38号

(目的)

第1条 この要綱は、交通事故を防止し交通の安全を図るための施設(以下「交通安全施設」という。)を設置している区又は設置しようとする区に対し、交通安全施設に係る原材料を支給し、交通安全施設の整備の促進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次に掲げる用語の意義は、次に定めるところによる。

原材料 道路反射鏡及び町長が特に必要と認めたもの

(原材料の支給の対象)

第3条 原材料の支給の対象となるものは、他の事業により交通安全施設整備の施行が予定されていない箇所であり、かつ、次の各号に掲げる要件のいずれかを備えたものでなければならない。

(1) 区が設置する交通安全施設の新設

(2) 区が設置した交通安全施設の改修

(原材料の支給の申請)

第4条 原材料の支給を受けようとする区長は、津幡町交通安全施設原材料支給申請書(様式第1号)により、町長に申請しなければならない。

(原材料の支給の決定)

第5条 町長は、前条の申請書を受理したときは、速やかに審査のうえ、原材料の支給を決定し、津幡町交通安全施設原材料支給決定通知書(様式第2号)により、区長に通知するものとする。

(原材料の支給)

第6条 原材料の支給は、前条の規定により原材料の支給を決定した後に行うものとする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用する。

画像

画像

津幡町交通安全施設原材料支給要綱

平成11年6月15日 告示第38号

(平成11年6月15日施行)