○津幡町農地流動化推進員設置規程

平成15年9月19日

津幡町告示第103号

(設置)

第1条 農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)に基づき、利用権設定等促進事業及び農作業受委託促進事業(以下「事業」という。)の円滑な実施を促進し、地域農業の健全な発展を図るため、津幡町農地流動化推進員(以下「推進員」という。)を設置する。

(職務)

第2条 推進員は、次の各号に掲げる職務を行う。

(1) 農用地の貸し手、借り手農家の掘り起こし活動に関すること。

(2) 遊休農地に関する措置に関すること。

(3) その他農用地の利用促進に関すること。

(委嘱)

第3条 推進員は、農業委員の職にある者のうちから町長が委嘱する。

(任期)

第4条 推進員の任期は、農業委員の職にある期間とする。

(解嘱)

第5条 町長は、推進員が次の各号のいずれかに該当すると認められる場合は、これを解嘱することができる。

(1) 職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

(2) 推進員としてふさわしくない行為があった場合

(秘密の保持)

第6条 推進員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も同様とする。

(庶務)

第7条 推進員の庶務は、産業建設部農林振興課において処理する。

(雑則)

第8条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公表の日から施行する。

附 則(平成18年3月14日津幡町告示第26号)

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月28日津幡町告示第37号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

津幡町農地流動化推進員設置規程

平成15年9月19日 告示第103号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農林・畜産
沿革情報
平成15年9月19日 告示第103号
平成18年3月14日 告示第26号
平成24年3月28日 告示第37号