○津幡町町道認定に関する要綱

平成16年3月22日

津幡町告示第17号

(目的)

第1条 この要綱は、道路法(昭和27年法律第180号)第3条に規定する道路(以下「公道」という。)以外の道路を同法第8条の規定に基づき町道に認定する場合に、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公共の施設 国、県又は町が設置し、管理する公園、広場等の施設で不特定多数の人が利用する施設をいう。

(2) 幅員 道路の路肩から路肩までの幅員又は道路の側溝等(水路に蓋をかけているものを含む。)から側溝等及び側溝等から路肩までの法面を含まない幅員をいう。

(道路敷地の提供等)

第3条 町道に認定しようとする道路敷地は、すべて無償で町に提供できるもので、直ちに所有権の移転が可能なものとする。

2 前項に規定する道路敷地に係る前提登記(分筆、抵当権抹消、地役権抹消等)は所有者が行うものとし、所有権の移転登記は町が行うものとする。

(認定の対象)

第4条 町道認定の対象とする道路は、法令の定めがあるものを除き、不特定多数の人が利用し、かつ、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 土地区画整理法(昭和29年法律第119号)に基づく事業に伴う道路

(2) 土地改良事業、圃場整備事業(県営、団体営等)等の完了に伴い新設された道路のうち町道に編入することが適切と認められる道路

(3) 都市計画法(昭和43年法律第100号)に基づく開発行為によって築造された道路

(4) その他町長が公益上必要と認めた道路

(認定の基準)

第5条 町道に認定する道路の基準は、次の各号のいずれにも該当するものでなければならない。ただし、第3号から第5号までに定めるものについて、当該道路に隣接する公道の状況その他の特別の理由により町長がやむを得ないと認める場合は、この限りでない。

(1) 道路の起点及び終点が公道に接続していること又は起点若しくは終点が公道に接続し、他の一方が自動車の転回に支障のない公共の施設に接続していること。

(2) 道路の幅員が6メートル(側溝を含む。)以上で、道路の構造が道路構造令(昭和45年政令第320号)に適合していること。

(3) 道路の縦断勾配は12パーセント以下、横断勾配は5パーセント以下であること。

(4) 同一平面で交差し、接続し、又は屈折する場合は、3メートル以上のせん除長で隅切りを設けてあること。

(5) 道路には、側溝、集水ますその他の適当な排水施設が設置されていること。

(6) 道路敷地内に、道路法に規定する占用の許可を受けることのできない物件が存在しないこと。

(7) 道路敷地の境界が明確であること。

2 この要綱の規定が適用されるに至った際、現に建築物が立ち並び生活の用に供されている道路で、次の各号のいずれにも該当するものは、前項の規定にかかわらず、これを町道に認定することができる。ただし、当該道路の状況その他の特別の理由により町長がやむを得ないと認める場合は、この限りでない。

(1) 道路の幅員が4メートル(側溝を除く。)以上のもの

(2) 1辺が2メートル以上の隅切りを設けてあるもの

(認定の申請)

第6条 町道の認定を受けようとする者は、町道認定申請書に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 寄附申込書

(2) 物件位置図

(3) 物件求積図

(4) 起点から終点に至る土地の公図(法務局備え付けのもの)の写し

(5) 占用物件等の調書

(6) 道路台帳の附図(土地区画整理法に基づく事業に伴うものに限る。)

(7) その他町長が必要と認める書類

(雑則)

第7条 この要綱に定めるもののほか、町道の認定について必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、平成16年4月1日から施行する。

津幡町町道認定に関する要綱

平成16年3月22日 告示第17号

(平成16年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成16年3月22日 告示第17号