○津幡町学校給食管理規則

平成21年3月30日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校給食法(昭和29年法律第160号。以下「法」という。)に基づき、津幡町立の幼稚園、小学校及び中学校(以下「学校等」という。)において実施する給食(以下「学校給食」という。)を適正かつ円滑に実施するため、学校給食の管理運営について必要な事項を定める。

(教育委員会及び学校等の任務)

第2条 津幡町教育委員会(以下「教育委員会」という。)が、学校等において実施する学校給食が円滑適正に行われるように努めるとともに、適正な指導助言を行わなければならない。

2 給食費の未納者には、校長又は園長(以下「校長等」という。)の要請に基づき教育委員会が必要な措置を講じることができるものとする。

3 学校給食の安全性の確保と円滑な運営を図るため、教育部学校教育課に津幡町学校給食運営委員会を置くことができる。

4 津幡町学校給食運営委員会の組織及び運営については、別に定める。

(保護者との連携)

第3条 校長等は、学校給食の運営に当たっては、保護者との連携に努めなければならない。

(学校における運営組織)

第4条 校長等は、学校給食の安全かつ円滑な運営を確保するため、職員を指揮監督し、幼稚園、小学校又は中学校内における学校給食関係事務を適正に処理しなければならない。

2 校長等は、学校医及び学校薬剤師との連絡調整に努めなければならない。

(給食費)

第5条 当該年度の給食費の月額は、校長等が決定する。

2 給食費の徴収方法は、別に校長等がその学校等の実情に応じて定める。

3 給食費の納入については、毎月校長等の指定する日に納入する。

(学校給食費会計)

第6条 予算は、毎年度校長等が立案し、PTA又は育友会(以下「PTA等」という。)に諮問して決める。年度途中で補正する場合も、同様とする。

2 会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

3 校長等は、毎会計年度決算をPTA等の監査委員の監査に付した後、PTA等の承認を経て公表するものとする。

4 校長等は、常に給食費の納入状況を把握し、未納者に対しては、督促を行うなど学校給食に支障がないよう方法を講じなければならない。

5 給食費は、年度末において調整し、余剰を生じたときは、保護者へ還付するものとする。

(経費の負担の援助)

第7条 法第6条第2項に規定する学校給食費は、同項に規定する保護者が負担するものとする。

2 保護者が経済的理由等により前項の学校給食費を負担することが困難と認められるときは、津幡町就学援助規則(平成20年津幡町教育委員会規則第6号)の規定により必要な援助を行うものとする。

(雑則)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、教育委員会が定める。

附 則

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

津幡町学校給食管理規則

平成21年3月30日 教育委員会規則第3号

(平成21年4月1日施行)