○津幡町地域公園条例

平成22年3月11日

条例第10号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、町の公園(都市公園、農村公園、墓地公園及び歴史公園を除く。)、広場及び緑地等(以下「公園」という。)の設置並びに管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(名称及び位置)

第2条 町長は、公園を設置し、その名称若しくは区域を変更し、又は公園を廃止するときは、当該公園の名称、位置、区域その他必要と認める事項を告示しなければならない。

(行為の制限)

第3条 公園において、次に掲げる行為をしようとする者は、町長の許可を得なければならない。

(1) 露店、写真業及び募金その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として案内又は映画を撮影すること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 公衆に開放される行事で、厚生、娯楽を目的として公園等の全部又は一部を独占して利用すること。

(5) 競技会、展示会その他これらに類する催しのために公園の全部又は一部を独占して利用すること。

(6) 広告を表示すること。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為の目的、行為の期間、行為を行う場所又は公園施設、行為の内容その他町長が定める事項を記載した申請書を町長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者は、許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を町長に提出してその許可を受けなければならない。

4 町長は、第1項各号に掲げる行為が、公園の保全又は公衆の公園の使用に支障を及ぼさないと認める場合に限り、同項又は前項の許可を与えることができる。

5 町長は、第1項又は第3項の許可に当たっては、公園の管理上必要な範囲内で条件を付することができる。

(行為の禁止)

第4条 公園においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 工作物若しくは備品を汚損し、又は破壊するおそれのある行為をすること。

(2) 土地の形質を変更すること。

(3) 樹木に登り、又は植物を採取し若しくは損傷すること。

(4) 鳥獣類を捕獲し、又は殺傷すること。

(5) 立入禁止の区域又は柵、池若しくは水路に立ち入ること。

(6) 指定された場所以外の場所に車両等を乗り入れ、又は止め置くこと。

(7) はり紙又ははり札をすること。

(8) たき火をすること。

(9) 指定された場所以外にごみその他の廃物又は汚物を捨てること。

(10) 他人に対し、著しく粗野その他の行為で迷惑をかけ又はけん騒にわたること。

(11) 前各号に掲げるもののほか、公園等の美観風致を害するような行為をすること。

(利用の禁止又は制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、その利用を禁止又は制限することができる。

(1) 公園の損壊その他の理由によりその利用が危険であると認めるとき。

(2) 公園に関する工事のためやむを得ないと認めるとき。

(3) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(4) その他管理上支障があると認めるとき。

(公園の占用の許可)

第6条 公園に公園施設以外の工作物その他物件又は施設を設けて公園を占用しようとするときは、町長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を町長に提出しなければならない。

(1) 申請者の住所及び氏名

(2) 占用の目的

(3) 占用の期間

(4) 占用の場所及び面積

(5) 占用物件の構造及び数量

(6) 占用物件の管理方法

(7) 工事実施の方法

(8) 工事の期間

(9) 公園の復旧方法

(10) 前各号に掲げるもののほか、町長が定める事項

3 第1項の許可を受けた者は、許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を町長に提出してその許可を受けなければならない。

(申請書の添付書類)

第7条 公園の占用の許可を受けようとする者又はそれらの許可を受けた事項の一部を変更しようとする者は、当該許可の申請書に設計書、仕様書及び図面を添付しなければならない。

(使用料)

第8条 第3条第1項若しくは第3項又は第6条第1項若しくは第3項の規定による許可を受けた者は、使用料を納入しなければならない。

2 前項の使用料及びその納入方法等は、津幡町都市公園条例(昭和49年津幡町条例第44号)の規定を準用するものとし、広告については、町長が別に定める。

(使用料の減免)

第9条 町長は、特に必要があると認めるときは、使用料を減免することができる。

(使用料の不返還)

第10条 既納の使用料は、返還しない。ただし、町長が特に理由があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(権利の譲渡等の禁止)

第11条 公園の使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、その権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(監督処分)

第12条 町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、この条例の規定によってした許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は行為の中止、原状回復若しくは公園より退去を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例の規定に基づく処分に違反する者

(2) この条例の規定による許可に付した条件に違反する者

(3) 偽りその他不正な手段によりこの条例の規定による許可を受けた者

(特別の設備)

第13条 使用者は、公園の使用に際し、特別の設備をしようとするときは、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(原状回復の義務)

第14条 使用者は、公園の使用を終えたときは、直ちに公園を原状に復さなければならない。使用の取消し又は使用の中止を受けた場合も同様とする。

2 使用者が前項に規定する義務を履行しないときは、町長が代わって執行し、その費用を使用者から徴収する。

(損害賠償)

第15条 公園を使用する者は、公園を損傷し、又は滅失したときは、町長の定める額を賠償しなければならない。ただし、町長が特にやむを得ない理由があると認めるときは、その全部又は一部を免除することができる。

(規則への委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年9月11日条例第33号)

この条例は、公布の日から施行する。

津幡町地域公園条例

平成22年3月11日 条例第10号

(平成27年9月11日施行)