○つくば市まちづくり寄附規則

平成21年4月3日

規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、つくば市のまちづくりの財源に資するために個人又は団体が寄附する現金(以下「寄附金」という。)の取扱いについて、つくば市会計規則(平成9年つくば市規則第69号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(寄附金を活用する事業の区分)

第2条 寄附金は、次に掲げる事業の財源とするため、基金に積み立てて活用するものとする。

(1) アイラブつくばまちづくりに関する事業

(2) 魅力をみんなで創るまちに関する事業

(3) 誰もが自分らしく生きるまちに関する事業

(4) 未来をつくる人が育つまちに関する事業

(5) 市民のために科学技術をいかすまちに関する事業

(6) 前各号に掲げるもののほか、市が行う事業のうち寄附者が指定するもの

(平29規則1・令2規則43・一部改正)

(寄附の指定)

第3条 つくば市に寄附しようとする者は、前条に規定する事業の区分に基づき、寄附金を活用する事業を指定し、寄附することができる。

(指定寄附の使途)

第4条 市長は、前条の規定により事業を指定された寄附金(以下「指定寄附金」という。)については、当該指定に係る事業の財源として活用しなければならない。

2 市長は、第2条第6号の規定による指定寄附金に係る事業の実施が困難と認める場合においては、当該事業に類似する事業の財源として当該寄附金を活用することができる。

3 市長は、指定寄附金以外の寄附金については、第2条第1号から第5号までの事業のうちから適当と認める事業の財源として活用することができる。

(平29規則1・一部改正)

(寄附の申込み)

第5条 寄附しようとする者は、次のいずれかの方法により市長に申込みを行うものとする。

(1) 寄附申込書(様式第1号)を提出する方法

(2) インターネットを利用し、寄附申込書(様式第1号)に記入すべき事項と同様の内容を明示する方法

(平29規則1・全改)

(寄附の受入れ等)

第5条の2 前条第1号に掲げる方法により申込みのあった寄附金は、市長が交付する納入通知書により納付する方法により受け入れるものとする。

2 前条第2号に掲げる方法により申込みのあった寄附金は、インターネットを経由したクレジットカード決済による方法により受け入れるものとする。

3 前2項の規定にかかわらず、市長が認めるときは、他の方法により当該寄附金を受け入れることができる。

4 前3項の規定にかかわらず、市長は、寄附を受け入れることが不適当と認められるときは、寄附金の受入れを拒み、又は受け入れた寄附金を返還することができる。

(平29規則1・追加)

(寄附金受領証明書の交付)

第6条 市長は、寄附金を受け入れたときは、当該寄附者に対して、寄附金受領証明書(様式第2号)を交付するものとする。

(礼状及び返礼品)

第7条 市長は、寄附者に対し、礼状を交付するものとする。

2 市長は、1回当たりの寄附金の額が10,000円以上の寄附者(市外に住所を有する個人に限る。)に対し、返礼品を贈呈するものとする。ただし、寄附者が返礼品を希望しない場合は、この限りでない。

(平29規則1・一部改正)

(公表)

第8条 市長は、寄附件数及び寄附金の額を広報紙又は市のホームページに掲載し、公表するものとする。

2 市長は、毎年1回、寄附金を財源として活用した事業について、公表するものとする。

(平29規則1・一部改正)

(寄附金台帳)

第9条 市長は、寄附金台帳(様式第3号)を備え、寄附者の住所、氏名又は団体の名称並びに寄附金額等について整理するものとする。

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年規則第1号)

この規則は、平成29年2月1日から施行する。

附 則(令和2年規則第43号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(令2規則43・全改)

画像画像

(平29規則1・全改)

画像

(令2規則43・全改)

画像

つくば市まちづくり寄附規則

平成21年4月3日 規則第24号

(令和2年4月1日施行)