○津和野町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例

平成28年3月16日

条例第7号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、災害発生等緊急時の迅速かつ的確な情報伝達を確保し、防災、応急救助及び災害復旧に関する業務を円滑に行うため、また、平常時の行政広報の伝達手段として住民福祉の向上に資するために防災行政無線(同報系)通信施設(以下「通信施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は別表のとおりとする。

(施設の管理)

第3条 防災行政無線の管理運用及び無線を管理する組織その他必要な事項は、規則で定める。

(戸別受信機等の設置及び貸与等)

第4条 町長が指定する公共施設及び教育、医療等の関係施設に戸別受信機を設置する。

2 前項に定めるもののほか、戸別受信機の貸与を希望する場合は、その申請に基づき審査し、1世帯又は1事務所若しくは事業所を有する企業等に1台を無償で貸与することができる。

3 聴覚障害による障害者手帳を有する者が、文字表示機能付き戸別受信機の貸与を希望する場合は、その申請に基づき審査し、1世帯に1台を無償で貸与することができる。

4 前2項並びに前3項に定める者のうち、世帯若しくは事業所に2台目以上の戸別受信機及び文字表示機能付き戸別受信機(以下「受信機」という。)の貸与を希望する場合は、世帯主又は管理者の申請に基づき、一台当り4万円の分担金を徴収し設置する。

(戸別受信機等の維持管理費の負担)

第5条 受信機の受信料は、無料とする。

2 受信機の電気料、維持費及び移動費は、使用者の負担とする。

(使用者の遵守事項)

第6条 使用者は、受信機の使用に当たり、次の事項を遵守しなければならない。

(1) 定められた機器以外のものは使用しないこと。

(2) この条例の使用目的以外に使用しないこと。

(施設の保全)

第7条 町長は、定期又は随時に通信施設の点検を行い、常に良好な管理に努めるとともに、異常を発見した場合は、速やかにこれを補修するものとする。

2 通信施設の補修は、町長が指定する者以外の者がこれを行うことはできない。

(損害賠償)

第8条 何人も故意又は過失により防災行政無線に損傷を与えたときは、原形復旧等に要する費用を賠償しなければならないものとする。

(委任)

第9条 この条例の施行に関し必要な事項については、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

設備名

名称

位置

親局

役場本庁舎再送信子局

島根県鹿足郡津和野町日原54番地25

中継局

益田中継局

島根県益田市薄原町イ782番地

十種ヶ峰中継局

山口市阿東嘉年下字十艸神1883番地1

簡易中継局

木部谷簡易中継局

島根県鹿足郡津和野町左鐙1982番地

再送信子局

左鐙西再送信子局

島根県鹿足郡津和野町左鐙968番地2

津和野庁舎再送信子局

島根県鹿足郡津和野町後田ロ64番地6

日原カントリーパーク再送信子局

島根県鹿足郡津和野町池村1795番地

遠隔制御装置

島根県益田市あけぼの東町8番地6

島根県鹿足郡津和野町後田ロ64番地6

屋外拡声子局

別に定める。


津和野町防災行政無線施設の設置及び管理に関する条例

平成28年3月16日 条例第7号

(平成28年4月1日施行)