○内灘町消防職員服務規程

昭和五十八年七月一日

消防本部訓令第三号

第一章 総則

第一条 消防職員(以下「職員」という。)の服務に関しては別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

第二条 職員は、住民の生命、身体及び財産を火災その他の災害から保護するとともに、災害による被害を軽減して公共の福祉の増進に資する責務を負うことを深く自覚し、誠実に職務の遂行に当らなければならない。

第三条 職員は、常に厳正な規律を保持し、信義を重んじて知親協力しなければならない。

第二章 執行務

第四条 職員は、全能力を挙げて職務に専念し災害現場においては、危難を恐れず細心、かつ果敢な行動をもつて任務を達成しなければならない。

第五条 職員は、火災の予防又は被害の軽減のため与えられた権能を行使する場合において、憲法の保証する個人の自由及び権利を侵してはならない。

第六条 職員は、講学、訓練に励み職務上必要な法令その他の規定に通暁し、機械器具の操法並びに取扱いに習熟し、管内の地理及び水利を熟知して適切に職務を遂行しなければならない。

第七条 職員は、庁舎、機械器具その他の備品及び貸与品等の保全愛護に努め、消耗品を節用し、かつこれを私用に供してはならない。

第八条 交替制勤務者の勤務交代は午前八時三十分とし、下番職員は勤務交代の際合番となる上番職員に対し職務上の必要事項を確実に申し送らなければならない。

第九条 非常の場合を除き、消防署の上級職員は、別に定められたところにより職員をもつて機械器具の点検を行い当日の消防警備上必要な事項を周知徹底させなければならない。

第十条 下番職員は、所属長又はその代理者の命があるまで勤務場所又は災害現場を去つてはならない。

第十一条 職員は、非番日又は勤務時間外においても招集の命令を受けたときは、遅滞なくこれに応じて任務につかなければならない。

第三章 規律

第十二条 職員は、礼節を重んじて職場の秩序を正しく維持しなければならない。

第十三条 職員は、定時迄に出勤し、自ら出勤時間を明示しなければならない。

第十四条 職員は、上司の許可を得ないでほしいままに勤務場所を離れてはならない。公務のため一時他出する場合であつても上司に行先、用件及び所要時間を明らかにしておかなければならない。

第十五条 職員は、勤務時間中において酒気を帯びてはならない。

第十六条 職員は、次に掲げる場合喫煙してはならない。

 車庫又は消防車上にあるとき。

 災害現場にあるとき。

 屋外作業又は訓練を実施しているとき。

第十七条 職員は、いかなる目的であつても消防長の許可を得ないで、職員としての資格において、寄附金、贈与金若しくはこれに類する金品を求め、若しくは集め、又は消防用機械器具その他の物品を推奨してはならない。

第四章 願届及び報告

第十八条 職員は休暇等を受けようとする場合は、「職員の休日及び休暇に関する条例」の定めるところに準ずるものとする。

第十九条 職員は、戸籍若しくは住所に変更があつたとき、又は身分上に変動があつたときは、遅滞なく文書をもつて届け出なければならない。

第二十条 職員は、退職しようとするときは文書をもつて願い出なければならない。

第二十一条 職員は、身分又は服務等に関し願い出又は届け出をするときは所属長を通じなければならない。

第二十二条 職員は、訴訟の証人、鑑定人等として召喚されたときは、その事実及び内容を所属長を通じ消防長に報告しなければならない。

第二十三条 職員は、消防用機械器具等を、き損又は亡失したときは、すみやかに所属長に報告しなければならない。

第五章 服装

第二十四条 職員は、服務を端正にし、被服は常に清潔を保つように心掛けなければならない。

第二十五条 職員(消防吏員に限る。以下同じ。)は、勤務中制服を着用しなければならない。ただし、作業等のため異装について上司の指示があつた場合はこの限りでない。

第二十六条 職員は、制服を着用したときは、次の各号に掲げることを守らなければならない。

 ぞうり、又はげたの類をはかないこと。

 からかさ類、えり巻その他異様な私物品を使用し、又は携帯しないこと。

 色がわりのめがね(サングラス)を使用しないこと。

第二十七条 制服は、次の区分により着用しなければならない。ただし、気候の状況により着用期間を伸縮したときは、それによらなければならない。

冬服 十月一日より翌年五月三十一日まで

盛夏服 六月一日より九月三十日まで

第二十八条 職員は、制服を着用したときは常に消防手帳を携帯しなければならない。

第二十九条 この規程施行に関し、必要な事項は消防長がこれを定める。

この規程は、公布の日から施行する。

(平成一三年九月二七日消本訓令第四号)

この規程は、平成十三年十月一日から施行する。

内灘町消防職員服務規程

昭和58年7月1日 消防本部訓令第3号

(平成13年10月1日施行)