○道の駅内灘サンセットパーク条例

平成二十年六月二十三日

条例第十六号

(目的)

第一条 この条例は、本町地場産業の振興発展及び観光情報の発信に寄与するため、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号。以下「法」という。)第二百四十四条の二第一項の規定により、道の駅内灘サンセットパークの設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第二条 道の駅の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 道の駅内灘サンセットパーク

位置 河北郡内灘町字大学一丁目四番地一

(施設の構成)

第三条 道の駅内灘サンセットパーク(以下「道の駅」という。)は、次に掲げる施設をもって構成する。

 地域振興施設

 多目的広場

 便所

 駐車場

(事業)

第四条 道の駅は、次の各号に掲げる事業を行う。

 町内地場産業の振興、発展に関すること。

 農林水産物及びその加工品の直販に関すること。

 地域特産品の展示、販売に関すること。

 多目的広場の運営に関すること。

 地域情報の提供に関すること。

 イベントに関すること。

 前各号に掲げるもののほか、目的達成に必要なこと。

(指定管理者による管理)

第五条 道の駅の管理は、法第二百四十四条の二第三項の規定により、指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者の業務の範囲)

第六条 指定管理者が行う業務の範囲は次のとおりとする。

 第四条に規定する事業の実施に関すること。

 施設及び設備の維持管理に関すること。

 その他施設の管理上、町長が必要であると認める業務に関すること。

(指定管理者の指定)

第七条 指定管理者は、前条に定める業務の実施を通じて、施設の目的を達成することができるものでなければならない。

2 町長は、指定管理者を指定しようとするときは、あらかじめ前項の規定に該当すると認めるものを選考するものとする。

3 前項の規定により町長が選考したもののうち、指定管理者の指定を受けようとするものは、事業計画書その他町長が必要があると認める書類を添えて、申し出なければならない。

4 町長は、前項の規定による申出があったときは、その内容を審査のうえ、道の駅の設置の目的を効果的かつ安定的に達成することができると認めるものを指定管理者として指定する。

(指定管理者の指定等の告示)

第八条 町長は、指定管理者の指定をしたとき及びその指定を取り消したときは、速やかにその旨を告示しなければならない。

(守秘義務)

第九条 指定管理者の役員及び職員は、施設の管理の業務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。指定管理者の役員又は職員でなくなった後も、同様とする。

(開館時間及び休館日)

第十条 道の駅の開館時間は、次のとおりとする。

 地域振興施設は、午前十時から午後七時までとする。

 その他の施設は、二十四時間利用に供する。

2 道の駅の休館日は、十二月三十一日から翌年一月三日まで(多目的広場、便所及び駐車場を除く。)とする。

3 指定管理者が必要と認めるときは、町長の承認を得て、開館時間及び休館日を変更し、又は臨時に休館日を設けることができる。

(利用の制限)

第十一条 指定管理者は、正当な理由がなく施設の利用を拒み又は退去を命じてはならない。

2 指定管理者は、次の各号の一に該当する者に対しては、施設の利用を拒み、又は退去を命ずることができる。

 公益の秩序を乱すおそれがあると認める者

 その他施設管理上、支障があると認める者

(損害賠償)

第十二条 故意又は過失により、施設等を損傷し、又は滅失した者は、それによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、町長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(規則への委任)

第十三条 この条例の施行に関し必要な事項は規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成二十年七月一日から施行する。

2 この条例の施行の日前になされた道の駅内灘サンセットパークの管理に関する業務を行わせるものを指定するための手続は、第五条から第七条までの規定によりなされたものとみなす。

道の駅内灘サンセットパーク条例

平成20年6月23日 条例第16号

(平成20年7月1日施行)