○宇城市老人福祉センター条例施行規則〔高齢介護課〕

平成17年1月15日

規則第83号

(趣旨)

第1条 この規則は、宇城市老人福祉センター条例(平成17年宇城市条例第235号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日)

第2条 宇城市老人福祉センター(以下「センター」という。)の休館日は、別表のとおりとする。

2 市長は、前項に規定する休業日のほか、必要があると認めるときは、臨時に休館日を定め、又は休館日にセンターを使用させることができる。

(開館時間)

第3条 センターの開館時間は、別表のとおりとする。

2 市長は、特に必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、開館時間を変更することができる。

(使用料の減免)

第4条 条例第10条の規定による使用料の減免は、次のとおりとする。

(1) 老人の生活、身上、健康相談のみに使用するとき。

(2) 老人の指導、慰問、その他老人の福祉を目的として使用するとき。

(3) 市が主催する集会、講習会等

(4) その他市長が特に必要と認めたとき。

2 条例第10条の規定による使用料の減免を受けようとする者は、使用料減免申請書(別記様式)を提出しなければならない。

(遵守事項)

第5条 センターを使用する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 職員の指示に従い秩序を保ち相互の親睦に努めること。

(2) 政治的及び宗教活動を行わないこと。

(3) 寄附の募集、物品の販売等を行わないこと。

(4) 危険物又は動物を持ち込まないこと。

(5) その使用が終わったら、使用した設備等を整理整とんし、清潔の保持に努めること。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月15日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の三角町老人福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則(昭和51年三角町規則第9号)、不知火町老人福祉センター管理規則(昭和57年不知火町規則第1号)又は松橋町老人福祉センター管理規則(昭和63年松橋町規則第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成18年3月28日規則第8号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

(令和2年3月26日規則第30号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和3年3月16日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

(令和4年3月22日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条、第3条関係)

名称

休館日

開館時間

宇城市老人福祉センター

日曜日及び土曜日

国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

1月1日から同月3日まで及び12月29日から同月31日まで

午前9時から午後5時まで

画像

宇城市老人福祉センター条例施行規則

平成17年1月15日 規則第83号

(令和4年3月22日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成17年1月15日 規則第83号
平成18年3月28日 規則第8号
令和2年3月26日 規則第30号
令和3年3月16日 規則第9号
令和4年3月22日 規則第9号