○宇城市廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則〔衛生環境課〕

平成17年1月15日

規則第105号

(趣旨)

第1条 この規則は、宇城市廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成17年宇城市条例第134号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(一般廃棄物の処理計画)

第2条 一般廃棄物の処理区域は、宇城市全域とする。

2 一般廃棄物の収集及び運搬は、一般廃棄物処理業者が行うものとする。

3 ごみの収集日及びごみの収集場所は、市長が指定する。

4 土地及び建物の占有者(以下「占有者」という。)は、市長が定める分別収集計画に基づき、ごみを分別し、排出しなければならない。

5 ごみの排出においては、宇城広域清掃施設組合構成市町の申合せによる統一規格のごみ袋(以下「指定袋」という。)を使用し、粗大ごみについては、専用のシール(以下「粗大ごみ用シール」という。)を貼り、指定された日に指定の場所に排出しなければならない。

6 ごみの収集場所を利用する者は、相互に協力し、定期的な清掃を行う等常に良好な清掃管理の保持に努めなければならない。

7 次に掲げるごみは、収集場所に排出してはならない。

(1) 一度に多量に出るごみ

(2) 事業活動で生じたごみ

(3) 前号に掲げるもののほか、宇城クリーンセンターのごみ処理施設で処理できないごみ

(一般廃棄物処理の届出)

第3条 条例第5条の規定により、一般廃棄物の収集を受けようとする者は、市長に一般廃棄物処理の届出書(様式第1号)を提出しなければならない。

(指定袋等の販売等)

第4条 条例第8条第3項の規定により、指定袋及び粗大ごみシール(以下「指定袋等」という。)の販売を行おうとするもの(以下「販売店」という。)は、市長にごみ指定袋等販売指定願(様式第2号)を提出し、市長は、ごみ指定袋等販売指定等通知書(様式第2号の2)により指定の可否を通知するものとする。

2 市長は、前項の規定に基づき指定された販売店が指定袋等を販売したときは、その取扱手数料として、指定袋については1袋当たり2円50銭で算定した額に消費税及び地方消費税を加えた額(算定した額に1円未満の端数があるときは、これを切り上げた額)を、粗大ごみシールについては1枚当たり2円50銭で算定した額に消費税及び地方消費税を加えた額(算定した額に1円未満の端数があるときは、これを切り上げた額)を交付するものとする。

(多量の一般廃棄物)

第5条 条例第7条の規定により、市長が指示することができる範囲は、ごみ1回の排出量が100キログラム以上のものとする。

(一般廃棄物処理業等の許可申請等)

第6条 条例第10条の規定による許可申請は、一般廃棄物処理業許可申請書(様式第3号)によるものとする。

2 前項の申請に基づく許可は、一般廃棄物処理業許可証(様式第4号)の交付をもって行うものとする。

3 許可書の再交付を受けようとする者は、一般廃棄物処理業許可証再交付申請書(様式第5号)を提出しなければならない。

4 一般廃棄物処理業者は、許可証の有効期間が満了したとき、又は他の事由により不要となったときは、許可証を、速やかに、返納しなければならない。

5 許可証は、他人に譲渡し、又は貸与してはならない。

(一般廃棄物処理業の廃止又は変更)

第7条 一般廃棄物処理業者が、その営業を廃止又は変更しようとするときは10日以前に一般廃棄物処理業廃止(変更)(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(施行期日)

1 この規則は、平成17年1月15日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の三角町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和47年三角町規則第19号)、不知火町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成10年不知火町規則第2号)、松橋町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和51年松橋町規則第7号)、小川町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和51年小川町規則第1号)又は豊野町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成10年豊野町規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成23年2月21日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成27年3月10日規則第9号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(令和3年3月16日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宇城市廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成17年1月15日 規則第105号

(令和3年3月16日施行)