○宇城市立図書館資料の賠償に関する要綱〔生涯学習課〕

平成18年9月29日

教委告示第24号

(趣旨)

第1条 この告示は、宇城市立図書館条例(平成17年宇城市条例第82号)第10条に規定する、図書館資料(以下「資料」という。)を損傷又は滅失(以下これらを「破損等」という。)した場合の賠償について必要な事項を定めるものとする。

(資料の破損等届)

第2条 資料を利用する者又は資料の貸出しを受けた者(以下これらを「利用者」という。)は、資料を破損等したときは、資料破損等届(別記様式)により、速やかに教育委員会に届け出なければならない。

(賠償)

第3条 利用者は、その責めに帰すべき理由により資料を破損等した場合には、前条の規定による届出の日から起算して1箇月以内に賠償しなければならない。

2 前条の賠償は、当該資料と同一の資料をもって行うものとする。ただし、当該資料と同一の資料の入手が著しく困難であるときは、当該資料の台帳記載価格以上で、その内容が類似のもので賠償することができる。

3 現金、図書券その他金券等での賠償は、これを受け付けない。

(賠償の免除)

第4条 資料の破損等が、利用者の責めに帰すことができない理由によるものであるときは、当該資料の賠償を免除することができる。

2 前項の免除を受けようとする者は、資料破損等届を提出する際に、当該資料の破損等の原因が自己の責めに帰することができない理由を証する書類を添付しなければならない。

(その他)

第5条 この告示に定めるもののほか、資料の賠償に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

この告示は、平成18年10月1日から施行する。

(令和4年3月23日教委告示第6号)

この告示は、告示の日から施行する。

画像

宇城市立図書館資料の賠償に関する要綱

平成18年9月29日 教育委員会告示第24号

(令和4年3月23日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成18年9月29日 教育委員会告示第24号
令和4年3月23日 教育委員会告示第6号