○雲南市庁舎等管理規則

平成16年11月1日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市庁舎及びその敷地その他一切の設備(以下「市庁舎等」という。)の管理及び取締りについて必要な事項を定め、庁舎の保全を図り、かつ、公務の円滑、適正な執行及び運営を確保するものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 市庁舎 本庁舎及び総合センターをいう。

(2) 本庁舎 市役所本館及びその附属施設をいう。

(3) 総合センター 各総合センター及びその附属施設をいう。

(管理の基本原則)

第3条 市庁舎等の管理に当たっては、事務の遂行が迅速適確に行われるよう秩序の維持に努めなければならない。

2 職員は、市庁舎等の保全と秩序の維持について、常に積極的に努めなければならない。

3 市庁舎等に入ろうとする者は、職員の執務を阻害し、又は他の者に迷惑を及ぼす行為をしないよう留意しなければならない。

(管理の分掌)

第4条 市庁舎等の管理及び取締りの事務は、次の各号に掲げる管理区分ごとにそれぞれ当該各号に定める者が総轄する。

(1) 本庁舎及びその敷地の管理 総務部長

(2) 総合センター及びその敷地の管理 所長

2 各課(室、事務局及び事務所を含む。以下同じ。)の室(特別室、倉庫等を含む。以下同じ。)の管理及び取締りは、当該各課の長(以下「課長」という。)がつかさどる。

3 前項以外の部分の管理及び取締りは、管財課長がつかさどる。

4 職員の勤務時間以外に市庁舎等の管理及び取締りに従事させるため、警備員を置く。

(管理の委任)

第5条 議場の管理及び取締りについては、議会事務局長である職員に委任する。

(禁止行為)

第6条 市庁舎等においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 示威又はけん騒にわたる行為をすること。

(2) 事務又は通行の妨害になる行為をすること。

(3) 施設若しくは物件を損傷し、施設の美観を損し、又は不潔な行為をすること。

(4) 危険な場所その他指定された場所以外の所において、喫煙し、又は火気を取り扱うこと。

(5) 正当な理由なく凶器爆発性物質等の危険物を持ち込むこと。

(6) 職員に面会を強要すること。

2 市長は、前項の規定に違反した者に対しては、直ちに市庁舎等から退去させ、又は物件の撤去を命ずることができる。

(許可を必要とする行為)

第7条 市庁舎等において、次に掲げる行為をしようとする者は、あらかじめ庁舎使用許可申請書(様式第1号)を市長に提出し、許可を受けなければならない。ただし、雲南市庁舎会議室の市民使用に関する条例(平成27年雲南市条例第38号)第2条第2項の規定により会議室等の使用の承認を受けた者はこの限りでない。

(1) 市の機関以外のものが主催する集会又はこれに類する行為をすること。

(2) 物品の販売、宣伝、勧誘又は寄附の募集その他これらに類する行為をすること。

(3) 公用を目的とするもの以外の広告物等を掲示し、配布し、若しくは回覧し、又は公用を目的とするもの以外の看板、立札類を設置する行為をすること。

(4) 仮設工作物の設置その他庁舎を一時的かつ特別に使用する行為をすること。

(5) 旗、幕、プラカードその他これらに類するもの、拡声機、宣伝車等を所持し、又は持ち込む行為をすること。

2 市長は、前項の許可をする場合において必要な条件を付し、又は指示をすることができる。

3 市長は、第1項の許可を受けた者が、その許可の内容又は前項の条件若しくは指示に違反したときは、許可を取り消し、その行為を中止させ、又は物件の撤去を命ずることができる。

(集団立入りの制限)

第8条 陳情、参観等のため集団で市庁舎等に入ろうとする者は、代表者1人を定めて、あらかじめ市長にその旨を申し出て承認を受けなければならない。

2 市長は、前項の申出を受けた場合において、市庁舎等の管理上必要があると認めるときは、その申出を拒否し、又は人数を制限するほか、市庁舎等内における行動について特に指示を行うことができる。

(行為の規制)

第9条 市長は、前3条に規定するもののほか市庁舎等の管理又は取締りのため必要があると認めるときは、市庁舎等に入ろうとする者又は市庁舎等にある者に対し、その行為を規制し、又は退去を求める等必要な措置を採ることができる。

(違反行為に対する措置)

第10条 市長は、第6条第2項若しくは第7条第3項に規定する物件の所有者若しくは占有者が、その物件を撤去し、若しくは搬出しないとき、又は緊急の必要があると認めるときは、自らこれを撤去し、又は搬出することができる。

(会議室の使用)

第11条 会議室を使用する者は、あらかじめ第4条第2項又は第3項に規定する課長の承認を受けなければならない。

(放送施設の使用)

第12条 本庁舎の放送施設を使用する者は、あらかじめ総務課長の承認を受けなければならない。

(退庁時の措置)

第13条 職員は、退庁の際、その課の管理に属するガス、電気及び水道を完全に閉鎖し、窓等の戸締りをしなければならない。

(かぎの保管等)

第14条 本庁舎の出入口の扉及び各室の扉に使用するかぎは、総務課長が保管し、勤務時間外又は休日においては警備員が保管するものとする。ただし、特に必要とする各課については当該各課の長が保管することができる。

2 総合センターの出入口の扉及び各室の扉に使用するかぎは、自治振興課長が保管し、勤務時間外又は休日においては警備員が保管するものとする。ただし、特に必要とする各課については当該各課の長が保管することができる。

(出入口の開閉)

第15条 市庁舎の出入口は、雲南市の休日を定める条例(平成16年雲南市条例第2号)第1条第1項に規定する休日(以下「市の休日」という。)を除き毎日午前8時00分に開き、午後6時00分に閉扉する。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その開閉時刻を変更することができる。

(閉扉時刻等の出入り)

第16条 閉扉時刻後又は市の休日に庁舎に出入りしようとする者は、出入りの際時間外出入簿(様式第2号)に必要事項を記入して警備員に提出し、その許可を受けなければならない。ただし、会議等のためあらかじめ出入りすることを市長が認めた者は、この限りでない。

2 入退室管理システムに登録された者が、本庁舎に出入りしようとする場合は、前項の手続きを要しない。

(施設のき損等の届)

第17条 市庁舎等において、その施設若しくは設備を滅失し、又はき損した者は、速やかにその旨を市長に届け出なければならない。

2 前項の滅失又はき損が故意又は重大な過失によるときは、市長は、その者に対し損害を賠償させることができる。

(防火管理)

第18条 市庁舎等における防火管理については、消防法(昭和23年法律第186号)第8条第1項に基づく雲南市役所消防計画に定めるところによる。

(その他)

第19条 この規則に定めるもののほか、市庁舎等の管理及び取締りに関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年12月1日規則第86号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第2号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年10月9日規則第50号)

この規則は、平成27年10月13日から施行する。

画像

画像

雲南市庁舎等管理規則

平成16年11月1日 規則第5号

(平成27年10月13日施行)