○雲南市法令審査委員会規程

平成16年11月1日

訓令第32号

(設置)

第1条 条例、規則、訓令等の制定改廃及び法令の解釈に関する重要事項について適正な処理を図るため、雲南市法令審査委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(審査事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項を調査審議する。

(1) 条例、規則、訓令等の制定改廃に関する事項

(2) 重要又は異例に属する法令の解釈に関する事項

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認めた事項

(組織)

第3条 委員会は、総務部次長、総務課長、総務課主査及び総務グループリーダーのほか、市職員のうちから市長が任命する委員6人以内をもって組織する。

(委員の任期)

第4条 委員(総務部次長、総務課長、総務課主査及び総務グループリーダーを除く。)の任期は、2年とする。ただし、再任は妨げないものとする。なお、欠員により任命された補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第5条 委員会に会長及び副会長を置く。

2 会長は総務部次長を、副会長は総務部総務課長(総務部次長が総務部総務課長を兼ねている場合は総務課主査又は総務課総務グループリーダー)をもって充てる。

3 会長は、委員会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(招集)

第6条 委員会は、会長が招集する。

(定足数)

第7条 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

(審査の特例)

第8条 会長は、委員会を招集するいとまがないと認めるときは、委員会に付すべき事案について持回りにより審査させることができる。

(事案の説明)

第9条 会長は、必要があると認めたときは、事案を主管する課の職員を委員会に出席させ、事案について説明させることができる。

(庶務)

第10条 委員会の庶務は、総務部総務課において処理する。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年6月30日訓令第24号)

この訓令は、平成18年7月1日から施行し、平成18年4月1日から適用する。

雲南市法令審査委員会規程

平成16年11月1日 訓令第32号

(平成18年7月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第32号
平成18年6月30日 訓令第24号