○雲南市行政事務ネットワーク運用管理規程

平成16年11月1日

訓令第6号

第1 目的

この訓令は、雲南市電子計算組織管理運営要綱(平成16年雲南市訓令第1号。以下「要綱」という。)第22条の規定により、行政事務ネットワークの運用管理に関する事項を定めることを目的とする。

第2 用語の定義

この訓令において使用する用語の意義は、要綱に定めるところによるもののほか、次の各号に定めるところによるものとする。

(1) 雲南市行政事務ネットワーク 雲南市電子計算組織のうち電子計算組織を相互に接続するための通信網及び構成機器(ハードウェア及びソフトウェア)で構築された情報通信基盤で、「基幹系業務ネットワーク」、「内部情報系業務ネットワーク」及び各「個別業務ネットワーク」の総称をいう。

(2) 基幹系業務ネットワーク 住民基本台帳システム、税システムなど別表第1に掲げる住民情報を一元的に取り扱う基幹系業務の電算処理を行うネットワークをいう。

(3) 内部情報系業務ネットワーク グループウエア、文書管理システムなど別表第2に掲げる行政内部の情報を取り扱う内部情報系業務の電算処理を行うネットワークをいう。

(4) 行政情報総合ネットワーク 基幹系業務ネットワーク及び内部情報系業務ネットワークの総称をいう。

(5) 個別業務ネットワーク 行政情報総合ネットワーク以外の個別の業務ごとに構築したネットワークをいう。

第3 ネットワークの管理

ネットワークの管理は、次に定めるところによるものとする。

1 行政情報総合ネットワークの維持管理は、情報システム課が行うこと。

2 個別業務ネットワークの維持管理は、当該ネットワークを構築した業務主管課が行うこと。

3 IPアドレスの発行は、情報システム課が行うこと。

4 ネットワーク機器及び接続機器は、当該機器が配置された業務主管課の責任において常時良好な状態で利用ができるよう適切な管理を実施すること。

5 ネットワーク機器及び接続機器に障害が発生した場合は、速やかに管理部署へ連絡すること。

6 雲南市行政事務ネットワークに関し、次の各号に該当するときは、管理部署と協議し、管理者の許可を得なければならない。

(1) 新規にパソコンを購入しネットワークに接続しようとするとき(プリンタへの接続を含む。)

(2) ハードウェアの増設を行うとき。

(3) 新たに何らかのソフトウェアのインストールが必要となったとき。

(4) 既存のソフトウェアをバージョンアップするとき。

(5) 既存のシステム設定の変更が必要なとき。

(6) その他ネットワークに変更が必要なとき。

第4 データの保護

ネットワークに接続したパソコン等で取り扱うデータの保護のため、次に定める事項を厳守すること。

(1) 業務目的以外にデータを利用しないこと。

(2) コンピュータウィルスの侵入を防止するため、外部の機器で使用したフロッピーディスク等の記録媒体は使用しないこと。ただし、やむを得ず使用する場合は、ウィルスチェックプログラムで全体をチェックした後に使用すること。

(3) データの入ったフロッピーディスク等の記録媒体は適正に管理するとともに、廃棄する場合は内容が漏えいすることの無いよう必要な措置を講じること。

(4) 出力した帳票は適正に管理し、廃棄は内容が漏えいすることのないよう必要な措置を講じること。

第5 機器の運用等

ネットワークに接続したパソコン等の取扱いに関し、次に定める事項を厳守すること。

(1) 業務目的以外に使用しないこと。また、職員以外の者に使用させてはならない。ただし、機器の保守等によりあらかじめ許可を受けたものを除く。

(2) ファイルのショートカットはデスクトップ上に置かないこと。

(3) ネットワークに接続したパソコン等について、新たなソフトウェアのインストールは行わないこと。ただし、業務上必要なソフトウェアについて管理部署に申請を行い、承認を受けたものについてはこの限りでない。また、インストールは管理部署の指示により実施しなければならない。

(4) ソフトウェアのインストールに当たっては、著作権法及びソフトウェアの使用許諾契約を厳守すること。

(5) インターネットからのソフトウェアのダウンロードは行わないこと。ただし、業務上必要とする場合は、管理部署の許可及び電算主管課長の承認を得て、ダウンロードすることができる。

(6) インターネット及びその他のネットワークへの接続は、当該ネットワークに接続することが許可されたパソコン以外で接続を行わないこと。

(7) 許可された機器以外は、ネットワークに接続してはならないこと。

(8) 機器の庁外への持ち出しは行わないこと。ただし、業務上やむを得ず持ち出す必要があるときは、管理部署の許可及び電算主管課長の承認を得たのち、セキュリティ対策を講じた上で手荷物として持ち出すこと。

(9) ネットワークに接続したパソコンの環境設定は変更してはならない。ただし、やむを得ない事由により変更しなければならないときは、管理部署と協議すること。

(10) 磁気、水、ホコリ等に留意し、汚れには専用クリーナーを使用すること。

(11) パスワードは他に漏らさないこと。また、自分のパスワードで他の職員に端末を使用させないこと。

(12) 機器の配置等を変更する場合は、管理部署と協議すること。

(13) パソコンの導入や更新については、管理部署と協議の上、計画的に実施すること。

第6 補則

この訓令に定めるもののほか、雲南市行政事務ネットワークの運用管理について必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成17年9月30日訓令第43号)

この訓令は、平成17年10月1日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成28年12月27日訓令第32号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1

基幹系業務システム

選挙システム

個人住民税システム

法人住民税システム

固定資産税システム

軽自動車税システム

国民健康保険システム

収納システム

住民基本台帳システム

印鑑システム

戸籍システム

宛名管理システム

住民情報検索システム

児童手当システム

国民年金システム

老人医療システム

福祉医療システム

乳幼児医療システム

保育園システム

養護老人ホームシステム

身体障害者台帳システム

高齢者台帳システム

健康管理台帳システム

上水道システム

下水道システム

住宅システム

幼稚園システム

教育システム

学校給食費システム

生活保護システム

児童扶養手当システム

特別障害者手当システム

住民基本台帳ネットワークシステム

別表第2

内部情報系業務システム

グループウエア

例規法令システム

文書管理システム

業者管理システム

人事給与システム

財務会計システム

企業会計システム

しまねフロンティアネットワーク(全県WAN)の市町村向け情報提供システム

総合行政ネットワーク(LGWAN)の基本サービス

インターネット

電子メール

公的個人認証サービス

雲南市行政事務ネットワーク運用管理規程

平成16年11月1日 訓令第6号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第5節 情報の公開・保護等
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第6号
平成17年9月30日 訓令第43号
平成28年12月27日 訓令第32号