○雲南市民バスセンターの設置及び管理に関する条例

平成16年11月1日

条例第27号

(設置)

第1条 公共交通バスの発着基地として、雲南市民バスセンター(以下「バスセンター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

木次バスセンター

木次町新市410番3

三刀屋バスセンター

三刀屋町三刀屋1121番1

三刀屋1122番4

三刀屋1122番7

三刀屋1122番8

下熊谷バスセンター

三刀屋町下熊谷1779番1

(管理)

第3条 バスセンターは、常に良好な状態において管理し、その設置目的に応じて効率的に運用しなければならない。

(行為の禁止)

第4条 バスセンターの利用者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設を損傷し、又は滅失すること。

(2) 公益を害し、又は風俗を乱すこと。

(3) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となる行為をすること。

(4) その他施設の管理上支障があると認められること。

(損害賠償)

第5条 利用者が故意又は過失により建物又は設備をき損したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の木次町民バスセンターの設置及び管理に関する条例(平成13年木次町条例第31号)又は三刀屋バスセンター設置及び管理に関する条例(平成13年三刀屋町条例第1077号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月1日条例第51号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

雲南市民バスセンターの設置及び管理に関する条例

平成16年11月1日 条例第27号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策
沿革情報
平成16年11月1日 条例第27号
平成17年12月1日 条例第51号