○雲南市国際交流員設置要綱

平成16年11月1日

訓令第7号

(設置)

第1条 市の国際交流事業の充実を図るため、雲南市(以下「市」という。)に国際交流員(以下「交流員」という。)を置く。

(職務)

第2条 交流員は、前条に掲げる目的達成のため、所属長の指示により、次に掲げる業務に従事する。

(1) 市の国際交流関係事務の補助(外国語刊行物等の翻訳・監修、国際交流事業の企画立案及び実施に当たっての協力・助言、外国からの訪問客の接遇、イベント等の際の通訳等)

(2) 市の職員、地域住民に対する外国語指導への協力

(3) 地域の民間交流団体の事業活動に対する助言、参画

(4) 地域住民の異文化理解のための交流活動への協力

(5) その他所属長が必要と認める業務

(任命)

第3条 交流員は、財団法人自治体国際化協会が選考した者を市長が任命する。

2 交流員は、非常勤の嘱託員とする。

(任命期間)

第4条 交流員の任期は、1年とする。ただし、任期中であっても特別の事由があるときは、これを免ずることができる。

2 交流員は、再任することができる。ただし、再任に当たっては、5年を超えることができない。

(報酬)

第5条 交流員に報酬を支給する。

(勤務)

第6条 交流員の勤務日数及び勤務時間は、雲南市非常勤職員の任用等に関する要領第6条及び第7条の規定にかかわらず、市長が別に定めるところによる。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年12月1日訓令第48号)

この訓令は、公布の日から施行する。

雲南市国際交流員設置要綱

平成16年11月1日 訓令第7号

(平成18年12月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第7号
平成18年12月1日 訓令第48号