○雲南市職員被服貸与規程

平成16年11月1日

訓令第40号

(被服の貸与)

第1条 職員のうち、公務執行上被服の汚損度及び損耗度の著しく高い職務に従事する職員に対しては、別に定めるものを除くほか、この訓令の定めるところにより被服を貸与する。

(被服の種類及び貸与の範囲)

第2条 貸与する被服の種類、品数及び貸与を受ける職員の範囲は、別表による。

(被服貸与の始期)

第3条 被服の貸与は、新任者にあっては新任のときに貸与し、使用期間の満了した者にあっては満了した月の翌月に貸与する。

2 前項の使用期間は、別表によるものとし、貸与された日の属する月から起算する。

3 市長は、特別の事情があると認めた場合には、前項の規定にかかわらず、新たな貸与を延期し、又は使用期間満了前であっても新たな貸与をすることができる。

4 貸与した被服は、使用期間の満了と同時に貸与を受けた職員に帰属する。

(被服の返納)

第4条 職員が退職し、失職し、休職し、停職し、若しくは転職し、又は死亡した場合は、使用期間未了の貸与被服は、直ちに返納しなければならない。

(被服の保管義務及び転貸処分の禁止)

第5条 被服の貸与を受けた者は、使用期間中大切に使用し、保管しなければならない。

2 貸与された被服を他人に使用させ、又は許可なくして処分してはならない。

(亡失等による弁償)

第6条 被服の貸与を受けた者は、使用期間中に被服を亡失し、又は第4条に定める被服の返納をしないときは、調製時の価格を基準とし、使用期間の残余月数に相当する額を超えない範囲でその都度定める金額を弁償しなければならない。ただし、市長がその者の責めに帰する事由によらない亡失と認めた場合は、この限りでない。

(被服貸与簿)

第7条 所属長は、被服貸与簿(別記様式)を備え、被服の貸与及び返納等の状況を記録しておかなければならない。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

別表(第2条、第3条関係)

貸与被服

対象職員

貸与品目

貸与期間

診療所に勤務する職員で所属長が定める者

診察衣

別に定める。

看護衣(長袖、半袖)

別に定める。

帽子

別に定める。

別に定める。

白衣

別に定める。

画像

雲南市職員被服貸与規程

平成16年11月1日 訓令第40号

(平成16年11月1日施行)