○雲南市大東町地域福祉センター条例

平成16年11月1日

条例第117号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、雲南市大東町地域福祉センターの設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 市民の福祉ニーズに応じた在宅福祉サービス及び地域福祉サービス等を一体的に提供できる福祉の総合拠点施設として、雲南市大東町地域福祉センター(以下「福祉センター」という。)を設置する。

2 福祉センターは、雲南市大東町大東1038番地に置く。

(事業)

第3条 福祉センターは、次の事業を行う。

(1) 在宅福祉事業

(2) 在宅介護支援事業

(3) 障がい者社会復帰事業

(4) 高齢者の生きがいと健康づくり事業

(5) 給食配食サービス事業

(6) ボランティア活動事業

(7) 福祉団体活動支援事業

(8) その他在宅福祉及び地域福祉サービス支援事業

(9) 健康・福祉情報の管理、提供事業

(10) 各種相談事業

(11) 各種研修事業

(12) その他市長が必要と認める事業

(指定管理者による管理)

第4条 福祉センターの管理は、法第244条の2第3項の規定により法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務)

第5条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設及び設備(以下「施設等」という。)の使用の許可に関する業務

(2) 使用料の徴収、減免及び還付に関する業務

(3) 施設等の維持管理に関する業務

(4) その他、市長が福祉センターの管理運営上必要と認める業務

(使用料)

第6条 使用者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第7条 市長は、公益上特に必要があると認めたときは、使用料を減免することができる。

(委任)

第8条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成17年12月1日条例第66号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年10月10日条例第48号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

第4条 雲南市大東町地域福祉センター設置及び管理条例別表の経過措置については平成22年3月31日までは次のとおりとする。

別表(第9条関係)

単位:円

区分

使用料(1時間当たり)

備考

冷暖房使用時

冷暖房未使用時

集会室・娯楽室

1,420

1,260

 

創作室

1,000

620

 

会議室・研修室

780

460

 

コミュニティ広場

520

占用して使用する場合に限る。

備考

1 営利を目的として使用するときは、使用料を2倍とする。

2 市外者が使用するときは、使用料を2倍とする。なお、市内に住所又は事務所のない者がその2分の1を超えるときは、市外者が使用するものとみなす。

3 営利目的で市外者が使用するときは、使用料を3倍とする。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、公布の日から施行する。

(1)から(10)まで 

(11) 第32条の規定による改正後の雲南市大東町地域福祉センター設置及び管理条例題名の改正規定及び第3条第3号の改正規定

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

附 則(平成30年12月17日条例第35号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以後の雲南市大東町地域福祉センターの利用について適用し、施行の日前の雲南市大東町地域福祉センターの利用については、なお従前の例による。

別表(第6条関係)

単位:円

区分

使用料(1時間当たり)

備考

冷暖房使用時

冷暖房未使用時

会議室(2)

800

720


創作室

1,020

920


会議室・研修室

200

180


コミュニティ広場

530

占用して使用する場合に限る。

備考

1 営利を目的として使用するときは、使用料を2倍とする。

2 市外者が使用するときは、使用料を2倍とする。なお、市内に住所又は事務所のない者がその2分の1を超えるときは、市外者が使用するものとみなす。

3 営利目的で市外者が使用するときは、使用料を3倍とする。

雲南市大東町地域福祉センター条例

平成16年11月1日 条例第117号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成16年11月1日 条例第117号
平成17年12月1日 条例第66号
平成20年10月10日 条例第48号
平成25年12月26日 条例第62号
平成30年12月17日 条例第35号
平成31年3月22日 条例第7号