○雲南市児童クラブ条例

平成16年11月1日

条例第169号

(設置)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条の8の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校就学児童に対し、適切な遊び及び生活の場を提供して健全な育成を図るため、雲南市児童クラブ(以下「クラブ」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 クラブの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

西児童クラブ

雲南市大東町仁和寺2435番地11

斐伊児童クラブ

雲南市木次町里方928番地1

三刀屋放課後児童クラブ

雲南市三刀屋町古城1番地1

かけや児童クラブ

雲南市掛合町掛合2151番地1

(対象児童)

第3条 クラブの入会対象者は、雲南市に住所を有する者で昼間保護者のいない家庭の小学校に就学している児童とする。

2 前項に定めるもののほか、市長が特に必要と認めた児童をクラブに入会させることができる。

(開設時間)

第4条 クラブの開設時間は、午後2時から午後6時まで、雲南市立小・中学校管理規則(平成16年雲南市教育委員会規則第12号)第3条に規定する小学校の休業日(以下「休業日」という。)については午前8時から午後6時までとする。ただし、斐伊児童クラブにあっては、保護者に特別な事情があると市長が認める者が利用する場合は、休業日の開設時間を午前7時30分から午後6時までとすることができる。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要があると認める場合は、これを変更することができる。

(休日)

第5条 クラブの休日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長が特に必要があると認める場合は、これを変更することができる。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(4) 8月13日から8月15日までの日

(入会の許可)

第6条 児童をクラブに入会させようとする保護者は、あらかじめ市長の許可を得なければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも同様とする。

2 市長は、クラブの運営上支障があると認める場合は、入会の許可をしないことができる。

(退会の届出)

第7条 保護者は、その児童をクラブから退会させようとする場合は、市長にその旨を届け出なければならない。

(土曜日の利用)

第8条 第6条第1項の規定によりクラブの入会を許可された者のうち、第4条に規定する休業日等のうち土曜日の利用を希望する保護者は、利用を希望する日の2週間以前に市長に申請しなければならない。ただし、緊急に利用を必要とし、期限までに申請が困難であると市長が認めた場合は、この限りでない。

(使用料)

第9条 使用料の額は、次のとおりとする。

(1) 第6条第1項の規定による許可を受けた児童の使用料

区分

単位期間

使用料額

年間を通して入会する児童(年度途中に入会する児童も含む。)の使用料

1月

5,000円

長期休業期間のみ入会する児童の使用料

学年始休業期間

4月期 3,000円

夏季休業期間

7月期 4,000円

8月期 10,000円

冬季休業期間

12月期 1,000円

1月期 2,000円

学年末休業期間

3月期 2,000円

土曜日に利用する場合の使用料

1日

400円

延長して利用する場合の使用料(西児童クラブに限る。)

午後6時~午後7時の間10分当たり

100円

(2) 第4条第1項ただし書に規定する開所時間を利用する児童の使用料

区分

単位期間

使用料額

年間を通して入会する児童(年度途中に入会する児童も含む。)の使用料

1月

5,000円

長期休業期間のみ入会する児童の使用料

学年始休業期間

4月期 3,300円

夏季休業期間

7月期 4,500円

8月期 11,000円

冬季休業期間

12月期 1,100円

1月期 2,200円

学年末休業期間

3月期 2,200円

土曜日に利用する場合の使用料

1日

400円

2 前項のうち、年間を通して入会する児童が、月の中途に入退会した場合の使用料は、日割り計算によるものとし、その額に10円未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとする。

(使用料の納付)

第10条 第6条第1項の規定による許可を受けた児童及び第8条の規定による利用した児童の保護者は、使用料を納付しなければならない。

(使用料の減免)

第11条 市長は、使用料の徴収につき、その保護者に特別の理由があると認めるときはこれを減免することができる。

(管理運営の委託)

第12条 市長は、必要と認めるときは、クラブの管理運営を公共的団体に委託することができる。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年6月30日条例第33号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年7月21日から施行する。ただし、第6条第2項の改正規定は、平成18年8月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の雲南市木次町児童クラブ条例の規定に基づきなされた入会の許可その他の処分、手続、行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行の際、雲南市放課後児童クラブ実施要綱に基づきなされた加茂児童クラブ及び三刀屋放課後児童クラブの入会の許可その他の処分、手続、行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。ただし、利用料については7月31日までは従前の例による。

4 改正後の雲南市児童クラブ条例第6条第2項の規定中5,000円とあるのは、平成19年3月31日までは4,000円とする。

附 則(平成20年3月25日条例第16号)

この条例は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月25日条例第11号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月25日条例第27号)

この条例は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日条例第13号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月28日条例第20号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日条例第18号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。ただし、第1条の改正規定(「第34条の7」を「第34条の8」に、「適当」を「適切」に改める部分に限る。)及び第9条の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月27日条例第12号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の雲南市児童クラブ条例の規定は、平成29年4月1日以後の使用料について適用し、同日前の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成29年12月25日条例第34号)

この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。

(平成30年規則第3号で平成30年4月23日から施行)

附 則(平成30年3月26日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(雲南市高齢者交流施設条例の一部改正)

2 雲南市高齢者交流施設条例(平成16年雲南市条例第177号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成31年3月22日条例第14号)

この条例は、平成31年4月1日から施行する。

雲南市児童クラブ条例

平成16年11月1日 条例第169号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子(父子)福祉
沿革情報
平成16年11月1日 条例第169号
平成18年6月30日 条例第33号
平成20年3月25日 条例第16号
平成21年3月25日 条例第11号
平成22年3月25日 条例第27号
平成23年3月31日 条例第13号
平成24年3月28日 条例第20号
平成27年3月23日 条例第18号
平成29年3月27日 条例第12号
平成29年12月25日 条例第34号
平成30年3月26日 条例第11号
平成31年3月22日 条例第14号