○雲南市掛合高齢者生活福祉センター条例

平成16年11月1日

条例第170号

(設置)

第1条 在宅の高齢者等を入所及び通所の方法により、自立的生活の助長、社会的孤立感の解消及び心身機能の維持向上を図るとともに、これらの高齢者等とその家族の福祉の向上を図るため、雲南市掛合高齢者生活福祉センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 雲南市掛合高齢者生活福祉センター

(2) 位置 雲南市掛合町掛合1310番地

(事業)

第3条 センターは、次の事業を行う。

(1) 通所介護事業

(2) 居住施設提供事業

(3) 生活支援短期入所事業

(4) その他高齢者等の福祉の向上に資する事業

(営業日)

第4条 センターが行う事業の営業日は、次のとおりとする。

(1) 通所介護事業 毎週月曜日から土曜日までとする。ただし、12月30日から翌年の1月3日まで、休業とする。

(2) 生活支援短期入所事業 12月30日から翌年の1月3日までを除く全日とする。

(利用対象者)

第5条 前条に定める事業の対象者は、次に掲げる者とする。

(1) 通所介護事業 介護保険法(平成9年法律第123号)第27条の規定に基づく要介護認定を受けた者又は同法第32条の規定に基づく要支援認定を受けた者とする。

(2) 居住施設提供事業 市内に住所を有するおおむね65歳以上の者であって、身体が虚弱で日常生活を営むのに支障があるもの及びその配偶者とする。

(3) 生活支援短期入所事業 市内に住所を有するおおむね65歳以上の者であって、生活習慣等の指導及び体調調整が必要なものとする。

(利用許可)

第6条 センターが行う事業の利用を希望する者は、第3条第1号の事業にあっては介護保険法の定めるところにより、同条第2号及び第3号の事業にあっては指定管理者の許可を受けなければならない。

(使用料等)

第7条 センターが行う事業を利用する者は、第3条第1号又は第2号の事業を利用するときは、別表に定める使用料及び光熱水費(以下「使用料等」という。)を納付しなければならない。

2 センターが行う第3条第3号の事業を利用する者は、別に定める使用料等を納付しなければならない。

3 前項の使用料等は、それぞれの事業を利用した月分をまとめた納付通知書により、その翌月に納付しなければならない。

4 使用料等は、別表に掲げる額の範囲内において、指定管理者が市長の承認を得て定めるものとする。

(管理の委託等)

第8条 市長は、センターの管理を地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、指定管理者(同項に規定する指定管理者をいう。以下同じ。)に行わせるものとする。

2 指定管理者の指定に関しては、別に条例で定める。

(委任)

第9条 この条例に定めるもののほか、センターの管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の掛合町高齢者生活福祉センター設置及び管理に関する条例(平成3年掛合町条例第24号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年12月25日条例第82号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年12月25日条例第51号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

別表(第7条関係)

区分

使用料等の額

通所介護事業

使用料

指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(平成12年2月10日厚生省告示第19号)により算定した単位1単位につき、10円として計算した額

備考

1 食事の提供を受ける者は、その実費を徴収する。

2 利用者の希望により通常のサービス提供時間を超えてサービスを利用する者については、その超える時間に応じ、1時間あたり400円として算定した額を超過料金として徴収する。

居住施設提供事業

使用料

A

対象収入1,200,000円以下 無料

B

対象収入1,200,001円以上1,300,000円以下 月額 4,000円

C

対象収入1,300,001円以上1,400,000円以下 月額 7,000円

D

対象収入1,400,001円以上1,500,000円以下 月額 10,000円

E

対象収入1,500,001円以上1,600,000円以下 月額 13,000円

F

対象収入1,600,001円以上1,700,000円以下 月額 16,000円

G

対象収入1,700,001円以上1,800,000円以下 月額 19,000円

H

対象収入1,800,001円以上1,900,000円以下 月額 22,000円

I

対象収入1,900,001円以上2,000,000円以下 月額 25,000円

J

対象収入2,000,001円以上2,100,000円以下 月額 30,000円

K

対象収入2,100,001円以上2,200,000円以下 月額 35,000円

L

対象収入2,200,001円以上2,300,000円以下 月額 40,000円

M

対象収入2,300,001円以上2,400,000円以下 月額 45,000円

N

対象収入2,400,001円以上 月額 50,000円


備考

1 対象収入とは、前年の収入から租税、社会保険料、医療費等の必要経費を控除した後の収入をいい、夫婦で入居の場合は、2人の対象収入を合算したものとする。

2 光熱水費として1室当たり月額20,570円を徴収する。

3 1月に満たない利用の場合の使用料及び光熱水費は、当該月の実日数による日割り計算とする。

4 食事の提供を受ける者は、その実費を徴収する。

雲南市掛合高齢者生活福祉センター条例

平成16年11月1日 条例第170号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 高齢者福祉
沿革情報
平成16年11月1日 条例第170号
平成18年12月25日 条例第82号
平成24年12月25日 条例第51号
平成25年12月26日 条例第62号
平成31年3月22日 条例第5号