○雲南市吉田高齢者住宅条例施行規則

平成16年11月1日

規則第96号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市吉田高齢者住宅条例(平成16年雲南市条例第178号。以下「条例」という。)第11条の規定に基づき、雲南市吉田高齢者住宅(以下「住宅」という。)の使用に関し必要な事項を定めるものとする。

(入居の申込み及び決定通知)

第2条 条例第6条第1項の規定による入居の申込みは、高齢者住宅入居申込書(様式第1号)のとおりとする。

2 条例第6条第2項の規定による入居者への通知は、高齢者住宅入居決定通知書(様式第2号)によるものとする。

(入居者の保全義務)

第3条 入居者は、善良な管理のもとに住宅を使用しなければならない。

2 入居者は、住宅を模様替えし、又は増築してはならない。ただし、原状回復又は撤去が容易である場合において、高齢者住宅模様替(増築)承認願(様式第3号)により市長の承認を得たときは、この限りでない。

(入居の手続)

第4条 住宅の入居者は、決定のあった日から10日以内に連帯保証人1人の署名する請書(様式第4号)を提出しなければならない。

2 入居者は、連帯保証人が欠け、又は保証能力がなくなったときは、直ちに連帯保証人変更届(様式第5号)を提出しなければならない。

3 市長は、特別の事情があると認められる者に対しては、第1項の規定による請書に連帯保証人の署名を必要としないこととすることができる。

(修繕費用の負担)

第5条 住宅及び共同施設の修繕に要する費用(軽微な修繕及び附帯施設の構造上重要でない部分の修繕に要する費用を除く。)は、市の負担とする。

2 入居者の責任に帰すべき事由によって前項に規定する修繕の必要が生じた場合においては、同項の規定にかかわらず、入居者は、修繕し、又は修繕の費用を負担しなければならない。

(入居者の費用負担義務)

第6条 次に掲げる費用は、入居者の負担とする。

(1) 電気、水道及び下水道の使用料

(2) 汚物及び塵芥の処理に要する経費

(3) ふすまの張替え、ガラスの取替え及び電灯施設等その他小破修理に要する経費

(立ち退き手続)

第7条 入居者は、当該住宅を立ち退こうとするときは、立ち退こうとする10日前までに高齢者住宅立退届(様式第6号)を市長に届け出て、市長の指定する者の検査を受けなければならない。

2 第5条第2項の規定に基づき入居者がその費用を負担すべき住宅及び共同施設の修繕は、前項の検査のときまでに行わなければならない。

3 入居者は、第3条第2項ただし書の規定に基づき当該住宅を模様替えし、又は増築したときは、第1項の検査のときまでに、原状回復又は撤去を行わなければならない。

(高齢者住宅の明渡し請求)

第8条 市長は、入居者が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該入居者に対し当該住宅の明渡しを請求することができる。

(1) 不正の行為によって入居したとき。

(2) 家賃を3月以上滞納したとき。

(3) 条例第5条の入居資格を満たさなくなったとき。

(4) 条例第10条又は第3条第1項の規定に違反したとき。

(住宅の調査)

第9条 市長は、住宅の管理上必要があると認めたときは、市長が指定する者に住宅の検査をさせ、又は入居者に対して適当な指示をさせることができる。

2 検査に当たる者は、その身分を示す証票を携帯し、関係人の請求があったときはこれを提示しなければならない。

(台帳)

第10条 市長は、住宅に関する現況を明らかにするために高齢者住宅台帳を備えるものとする。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市吉田高齢者住宅条例施行規則

平成16年11月1日 規則第96号

(平成16年11月1日施行)