○雲南市高齢者の生きがいと健康づくり事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第45号

(目的)

第1条 この事業は、高齢者の生きがいと社会参加を促進するとともに、家に閉じこもりがちなひとり暮らし高齢者等に対し、各種サービスを提供することにより、社会的孤立感の解消及び自立生活の助長を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、雲南市とし、運営を市長が適当と認める社会福祉法人等に委託することができるものとする。

(実施の方法)

第3条 この事業を実施するに当たり、高齢者の生きがいと健康づくり推進会議(以下「推進会議」という。)を設置するものとする。

2 推進会議は、この事業についての総合的な企画、立案を行うとともに、連絡調整、事業の見直しと改善を行うものとする。

(事業の内容)

第4条 事業の内容は、次の中から推進会議において決定する。

(1) 高齢者の社会活動についての広報活動等

(2) 文化伝承活動、三世代交流活動等高齢者の地域活動の振興

(3) スポーツ・娯楽活動、健康増進活動の推進、同好会等の育成及び関係団体等との連絡・調整

(4) 木工・陶芸・手芸・園芸等の生産・創造活動の振興、高齢者教養講座及び中高年者健康生きがい講座等の開催

(5) 高齢者指導者(シニアリーダー)の活用事業

(6) 保育所児童等と高齢者との世代間交流

(7) その他適当と認められるもの

2 市長が適当と認める社会福祉法人に委託により実施するシルバー大学事業については、シルバー大学事業実施規程(別紙1)に定めるところにより実施するものとする。

(対象者)

第5条 この事業の対象者は、おおむね60歳以上の高齢者とする。

(利用の申出)

第6条 この事業の利用を希望する者は、市長に対し所定の申請書により申し込むものとする。

(登録の決定及び通知)

第7条 市長は、前条の申請を受けた場合は、その必要性を精査し、利用の可否を決定登録しなければならない。

2 市長は、前項により利用の可否を決定登録したときは、その旨を文書により申請者及び受託者にそれぞれ通知するものとする。

3 市長は、登録の決定をした場合は、氏名、年齢、住所、提供するサービスの内容等を登録し、これに必要な帳簿を備えるものとする。

(申請の却下及び登録の取消し)

第8条 市長は、対象者が次の各号のいずれかに該当するときは、申請を却下し、又は登録を取り消すことができる。

(1) 要介護等に認定された者

(2) 感染のおそれのある疾患を有する者

(3) 疾病又は負傷のため入院加療が必要な者

(4) 他の利用者に著しい迷惑を及ぼすおそれのある者

(5) その他市長が不適当と認めた者

2 市長は、前項の決定をしたときは、文書により申請者及び受託者に通知するものとする。

(異動の届出)

第9条 この事業の登録者は、次の各号のいずれかに該当したときは、市長に届け出なければならない。

(1) 住所を変更した場合

(2) 福祉施設に入所した場合

(3) 医療機関に入院した場合

(4) 転出した場合

(5) 死亡した場合

(6) サービスを受ける必要がなくなった場合

(7) 要介護等に認定された場合

(事業の運営等)

第10条 この事業の運営は、毎年度実施計画を策定し実施する。

2 受託者は、この事業に係る経費と他の事業に係る経費とを明確に区分するとともに、利用者のケース記録、サービスの内容、利用回数等を記録し、経理に関する帳簿等必要な書類を備え付け、その結果を市長に報告するものとする。

3 受託者は、事業実施に当たり、利用者の健康及び衛生管理について十分配慮するものとする。

(職員の配置)

第11条 この事業を行うため、受託者は、あらかじめ管理責任者を定めるとともに、市長と協議の上必要な職員を配置するものとする。

(利用料)

第12条 サービス提供に伴う原材料費等の実費(以下「利用料」という。)は、市長が別に定める。

2 利用料は、利用の都度、受託者が利用者から徴収するものとする。

(その他)

第13条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の吉田村高齢者の生きがいと健康づくり事業実施要綱(平成12年吉田村要綱第12号)の規定によりなされた処分、手続きその他の行為はこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年4月1日告示第43号)

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

別紙1

シルバー大学事業実施規程

1 目的

シルバー大学事業は、雲南市高齢者の生きがいと健康づくり事業実施要綱(以下「要綱」という。)に基づき、高齢者の生きがいと社会参加を促進するとともに、家に閉じこもりがちな高齢者等に対し、サービスを提供することにより社会的孤立感の解消及び自立生活の助長を図ることを目的とする。

2 実施の方法

市長が適当と認める社会福祉法人(以下「社会福祉法人」という。)に委託し、社会福祉法人が所有する高齢者福祉施設において実施する。

3 事業の内容

要綱第4条に定める事業の内容のうち、第3号第4号及び第6号の事業を実施する。なお、必要に応じて見直しを行うものとする。

4 対象者

おおむね60歳以上の高齢者で、利用を希望する者。

5 利用の申し出等

利用を希望する者は市長に対し所定の申請書により申し込むものとする。

6 利用の決定及び通知

市長は、前条の申請を受けた場合は、保健師による保健指導を行い、必要な場合は医師の意見書の提出を求め、利用の可否を決定するものとする。利用が適当と認められた者については、利用決定通知書により申請者及び社会福祉法人に通知するとともに、シルバー大学利用登録者名簿に登録する。

7 職員

社会福祉法人は、この事業を行うため、あらかじめ管理責任者を定めるとともに、次の職員を配置しなければならない。

(1) 地域運動指導員

(2) 栄養士

8 利用料

利用料は、1,000円とし、利用の都度、社会福祉法人が徴収するものとする。

9 その他

この要領に定めるもののほか、登録の取り消し、移動の届出、事業の運営等については要綱を準用するものとする。

雲南市高齢者の生きがいと健康づくり事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第45号

(平成17年4月1日施行)