○雲南市ストマ用装具等助成金支給要綱

平成16年11月1日

告示第50号

(目的)

第1条 この告示は、膀胱又は直腸機能障害者並びに先天性疾患に起因する神経障害による高度の排尿器の障害又は高度の排便機能障害のある者及び脳原性運動機能障害、かつ、排尿排便の意思表示が困難な者(以下「身体障害者」という。)に対して、ストマ用装具又は紙おむつ(以下「ストマ用装具等」という。)を購入する際の費用の一部を助成することにより、身体障害者の経済的負担の軽減と福祉増進を図ることを目的とする。

(支給対象者)

第2条 助成金支給対象者は、雲南市に住所を有し、身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条に定める身体障害者手帳の交付を受けた身体障害者で、ストマ用装具等を使用する必要のある者とする。

(助成の額)

第3条 助成金の額は、次に掲げるとおりとする。

(1) 雲南市重度障害者等日常生活用具給付事業実施要綱(平成18年雲南市告示第249号)(以下「日常生活用具給付要綱」という。)に定める、当該障害者等またはその扶養義務者が支払うべき額の2分の1

(2) 日常生活用具給付要綱に定める給付対象外となる者については、前号に関わらず、基準額の2分の1

(申請)

第4条 助成金の支給を受けようとする助成金支給対象者又はその扶養義務者(以下「申請者」という。)は、ストマ用装具等助成金支給申請書(様式第1号)により、ストマ用装具等を購入した領収書とともに市長に申請しなければならない。

(決定及び通知)

第5条 市長は、前条の申請があったときは、これを調査書(様式第2号)により審査し、助成金の額を決定するものとする。

2 市長は、前項により助成金の額について決定したときは、ストマ用装具等助成金支給決定通知書(様式第3号)により申請者に対して通知し、ストマ用装具等給付助成決定状況簿(様式第4号)を備え、支給の状況を明らかにしなければならないものとする。

(助成金の支給方法)

第6条 前条の規定により決定された当該助成金は、申請者に支払うものとする。

(不正利得に対する措置)

第7条 市長は、偽りその他不正な手段により助成金の交付を受けた者があるときは、当該助成金の全部又は一部を返還させることができる。

附 則

この告示は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日告示第48号)

(施行期日)

1 この告示は平成19年4月1日から施行し、平成18年10月1日から適用する。

(経過措置)

2 この告示の規定に関わらず、平成18年9月分までのストマ用装具助成金の支給については、なお従前の例による。

附 則(平成26年10月3日告示第287号)

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の雲南市ストマ用装具等助成金支給要綱の規定は、平成26年10月1日以後に購入したストマ用装具等について適用し、同日前に購入したストマ用装具等については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

雲南市ストマ用装具等助成金支給要綱

平成16年11月1日 告示第50号

(平成26年10月3日施行)