○雲南市障害児通園(デイサービス)事業施設条例

平成16年11月1日

条例第181号

(設置)

第1条 心身に障がいのある児童に対し、日常生活における基本動作及び集団生活への順応等を通園の方法により指導育成するため、障害児通園(デイサービス)事業(以下「通園事業」という。)に供する施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 通園事業の施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 障がい児デイサービスセンター

位置 雲南市加茂町三代691番地1

(利用対象者)

第3条 障がい児デイサービスセンター(以下「デイサービスセンター」という。)を利用できる児童は、通園による指導になじむ障がいのある幼児等とする。

(使用料)

第4条 通園事業の施設の使用料は、次のとおりとする。

(1) 通園事業の施設の利用対象者の使用料は、徴収しない。

(2) 地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条の4第7項の規定に基づき通園事業の施設を利用する者については、別表に規定する使用料を徴収する。

(委任)

第5条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の木次町障害児通園(デイサービス)事業の施設設置及び管理に関する条例(平成12年木次町条例第16号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月1日条例第72号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月25日条例第67号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。ただし、第6条の規定は、公布の日から施行し、第7条及び第8条の規定は、地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号。以下「法」という。)中第238条の4の改正規定の施行の日から施行し、第9条の規定は、法第109条及び第110条の改正規定の施行の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日条例第14号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、公布の日から施行する。

(1)から(15)まで 

(16) 第39条の規定による改正後の雲南市障害児通園(デイサービス)事業施設条例第1条から第3条までの改正規定

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

別表(第4条関係)

区分

積算の基礎

使用料

区分

デイサービスセンター

遊戯室

1時間

480円

310円

備考 使用料欄の上段の金額は、午後6時から翌日の午前6時までの間の使用に係る使用料とし、下段の金額は、午前6時から午後6時までの間の使用に係る使用料とする。

雲南市障害児通園(デイサービス)事業施設条例

平成16年11月1日 条例第181号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成16年11月1日 条例第181号
平成17年12月1日 条例第72号
平成18年12月25日 条例第67号
平成23年3月31日 条例第14号
平成25年12月26日 条例第62号
平成31年3月22日 条例第5号