○雲南市営墓地条例施行規則

平成16年11月1日

規則第108号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市営墓地条例(平成16年雲南市条例第192号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。

(使用者の資格)

第2条 条例第4条第2号に規定するその親族又は縁故者とは、本市に住所を有する者が死亡した場合において、本市に住所及び本籍を有しない者又は法人が当該死亡者の祭しをつかさどるため墓所を使用しようとする者をいう。

2 条例第4条第5号に規定するその他市長が認める者とは、次のいずれかに該当する者をいう。

(1) 本市に本人又は家族が所有する家屋があり、本市に住所を有する者に準ずると認められる者

(2) 既に本市に住宅用地を取得している者

(3) 本市に住所を有する3親等以内の親族を、条例第12条に規定する代理人に選定できる者

(使用許可申請)

第3条 条例第5条第1項の規定により、墓所の使用許可を受けようとする者は、墓所使用許可申請書(様式第1号)により次に掲げる書類を添えて申請しなければならない。

(1) 条例第4条第1号に該当する者にあっては住民票の写し、同条第2号に該当する者にあっては住民票除票等縁故関係が証明できる書類、同条第3号に該当する者にあっては戸籍抄本、同条第4号に該当する者にあっては現在墓があることを証明する書類

(2) その他市長が必要と認める書類

(使用許可書の交付)

第4条 市長は、前条の申請に基づき墓所の使用を許可したときは、墓所使用許可書(様式第2号。以下「許可書」という。)を交付する。

(墓碑等の設置基準)

第5条 使用者が使用場所に墓碑その他の施設を設置する場合の基準は、次に定めるところによる。

(1) 墓碑の高さは、通路面から2.5メートル以内とする。ただし、現在の墓碑を移転建立する場合は、その高さまでとする。

(2) 盛土の高さは、通路面から30センチメートル以内とする。

(3) 囲障及び樹木の高さは、通路面から1メートル以内とする。

(工事施工届)

第6条 墓碑の建立若しくは改築又は墓所内の工事を施工しようとする者は、墓所内工事施工届(様式第3号)に設計書、図面、仕様書及び許可書の写しを添えて市長に届け出て承認を受けなければならない。

(災害時等の負担区分)

第7条 墓所に被害が生じた場合においては、使用者においてその復旧をするものとする。

2 災害等により墓所を除く墓地について被害が生じた場合においては、市と使用者の協議によりその復旧に要する経費の負担区分を決定するものとする。

(無縁故者及び行路死亡者等の埋蔵)

第8条 無縁故者及び行路死亡者等の焼骨を埋蔵する場所は、市長が別に定める。

(使用料の還付)

第9条 条例第6条第2項ただし書の規定により既納使用料の還付を受けようとする者は、使用料還付請求書(様式第4号)に許可書を添えて市長に請求しなければならない。

(使用料納付の猶予)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当すると認めた者に対しては、使用料の納付の猶予をすることができる。

(1) 災害を受けた者

(2) その他市長が特別の事由があると認めた者

2 前項に規定する者が使用料の納付の猶予を受けようとするときは、使用料納付猶予申請書(様式第5号)にその事実を証する書類を添えて市長に申請しなければならない。

(使用料の減免)

第11条 条例第7条に規定する者が使用料の減免を受けようとするときは、使用料減免申請書(様式第6号)にその事実を証する書類を添えて市長に申請しなければならない。

(墓所の使用区画の増設)

第12条 条例第8条ただし書に規定する場合は、次の各号のいずれかに該当する場合とする。

(1) 1区画内の墳墓に焼骨を埋蔵することができなくなった場合

(2) その他市長が特に必要と認めた場合

2 前項に該当する場合で、必要な区画を希望する者は、墓所使用許可申請書にその理由を記した書類を添えて市長に申請しなければならない。

(使用権の承継)

第13条 条例第11条の規定により墓所の使用権を承継しようとする者は、墓所使用権承継許可申請書(様式第7号)に次に掲げる書類を添えて市長に申請しなければならない。

(1) 墓所使用許可書

(2) 承継者の住民票の写し

(3) 従前の使用者との関係を証する書類

(4) その他市長が必要と認める書類

2 市長は、前項の申請に基づき承継を許可したときは、許可書を交付する。

(代理人の選定届出)

第14条 条例第12条の規定により代理人を選定したときは、代理人選定届出書(様式第8号)に代理人の住民票の写しを添えて市長に届け出なければならない。

(氏名変更等の届出)

第15条 条例第13条の規定により氏名変更等の届出をしようとする者は、墓所使用者氏名変更等届出書(様式第9号)に住民票の写しを添えて市長に届け出なければならない。

(許可書の再交付)

第16条 許可書を汚損し、又は亡失したときは、速やかに市長に届け出て許可書の再交付を受けなければならない。

2 前項の規定により許可書の再交付を受けようとする者は、墓所使用許可書再交付申請書(様式第10号)により市長に申請しなければならない。この場合において、汚損によるときは、その汚損した許可書を当該申請書に添えなければならない。

(使用許可の取消し通知)

第17条 条例第14条の規定により墓所の使用許可を取り消したときは、書面により使用者に通知するものとする。

(使用墓所の不要届出)

第18条 条例第15条第1項の規定により、使用墓所が不要になったときは、使用墓所不要届出書(様式第11号)に許可書を添えて市長に届け出なければならない。

(その他)

第19条 この規則で定めるもののほか、墓地の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成25年1月31日規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市営墓地条例施行規則

平成16年11月1日 規則第108号

(平成25年1月31日施行)