○雲南市農業委員会総会会議規則

平成16年11月1日

農業委員会規則第1号

(趣旨)

第1条 雲南市農業委員会の委員の会議(以下「総会」という。)は、法令に定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

(招集)

第2条 会長は、総会を招集しようとするときは、総会の日時、場所及び付議すべき事項を定め、あらかじめ委員に通知するとともに、公告しなければならない。

2 前項の通知及び公告は、緊急やむを得ない場合を除き、総会の日の3日前までにしなければならない。

(参集)

第3条 委員は、当日定刻までに招集場所に集合し、出勤簿に押印しなければならない。

(欠席の届出)

第4条 委員は、事故のため総会に出席できないときは、当日の開議時刻までに会長に届け出なければならない。

(議席)

第5条 委員の議席は、任命後の総会の初めにくじでこれを定め、各議席に番号を付ける。

2 補欠委員は、前任者の議席に着く。ただし、同時に2人以上ある場合は、前項に準ずる。

3 会長は、必要と認めたときは、総会に諮り、議席を変更することができる。

(総会の開閉)

第6条 開会、休憩、延会又は閉会は、会長が宣告する。

2 会長が開会を宣告する前又は休憩、延会若しくは閉会を宣告した後は、何人も、議事について発言することができない。

3 開議時刻後相当の時間を経ても、なお出席委員が定数に達しないときは、会長は、延会を宣告することができる。

(議題の宣告)

第7条 会長は、事件を議題とするときは、その旨を宣告しなければならない。

2 会長が必要と認めるときは、数件を一括して議題とすることができる。ただし、異議のあるときは、討論を用いないで総会に諮って決める。

(議案の説明)

第8条 議題となった議案は、会長が職員に朗読させ、提案者にその趣旨を説明させなければならない。ただし、これらを省略させることができる。

(発言)

第9条 総会において発言しようとする者は、会長の許可を受けてしなければならない。

2 あらかじめ発言を通告した委員は、通告しない委員に先立って発言する。

3 発言は、すべて演壇又は自席においてしなければならない。

4 発言は、すべて簡明にし、議題外にわたり、又はその範囲を超えてはならない。

5 発言は、中途において他の発言によって妨げられることはない。

6 延会又は休憩のため発言を終わらなかった委員は、更にその議事を始めたときは、前の発言を継続することができる。

7 会長が、必要と認めたときは、総会に諮り、発言の時間を制限することができる。

第10条 総会中は、氏名を称せず、会長は職名を、委員は議席番号を称える。

(動議)

第11条 この規則で特に定めた場合を除き、すべての動議は、3人以上の賛成者がなければ議題とすることができない。

(先議動議の採択順序)

第12条 他の事件に先立って採択に付さなければならない動議が競合したときは、会長が採択の順序を決める。ただし、異議があるときは、討論を用いないで総会に諮って決める。

(事件の撤回又は訂正及び動議の撤回)

第13条 総会の議題となった事件を撤回し、又は訂正しようとするとき及び総会の議題となった動議を撤回しようとするときは、総会の承認を要する。

2 委員が提出した事件及び動議で、前項の承認を求めようとするときは提出者から請求しなければならない。

(運営委員長及び専門委員長の報告)

第14条 運営委員会及び専門委員会(以下「委員会」という。)に属した事項について総会が報告を求めたとき又は委員会の審議し、又は調査した事件が議題となったときは、委員長がその経過及び結果を報告するものとする。

(委員長報告に対する質疑)

第15条 委員は、委員長の報告に対し質疑することができる。

(採決)

第16条 会長は、採決しようとするときは、その旨を宣告しなければならない。

2 会長が採決を宣告した後は、何人も、議題について発言することができない。

3 採決のとき現に議場にいない委員は、採決に加わることができない。

(採決の方法)

第17条 採決の方法は、起立又は挙手による。ただし、会長が必要と認めるときは、投票による。

2 起立又は挙手によって採決しようとするときは、会長は、可とする者を起立させ、又は挙手させてその多少を認定して、可否の結果を宣告しなければならない。

3 投票による採決をする場合においては、その用紙の様式及び記載する事項は、会長が定める。投票が終わったときは、会長は、2人以上の立会人を指名して、これとともに投票を点検し、その結果を宣告しなければならない。

4 委員は、自己の表決の更正を求めることはできない。

(簡易採決)

第18条 会長は、議題について異議の有無を総会に諮り、全員異議がないと認めるときは、直ちに可決を宣告することができる。

(議事録)

第19条 議事録に記載する事項は、次のとおりとする。

(1) 開会及び閉会の年月日

(2) 開議、閉議、散会、延会及び休憩の時刻

(3) 出席及び欠席委員の議席番号及び氏名

(4) 総会に付した事件名

(5) 議事

(6) その他会長において必要と認めた事項

2 議事録には、会長及び総会において定めた2人以上の委員が署名しなければならない。

(傍聴人の取締り)

第20条 総会を傍聴しようとする者は、傍聴人名簿に住所、氏名その他必要事項を記入し、係員の指示に従って、傍聴席に着かなければならない。

2 次に掲げる者は、傍聴席に入ることができない。

(1) 酒気を帯びていると認められる者

(2) 危険のおそれある物件を携帯している者

(3) 係員の指示に従わない者

3 傍聴人は、いかなる事由があっても傍聴席以外の場所に出入りしてはならない。

(傍聴人の制限)

第21条 傍聴人は、次の事項を厳守しなければならない。

(1) 議場における言論に対して賛否を表明し、又は拍手をしないこと。

(2) 静粛を旨とし、議事の妨害となるような行為をしないこと。

(3) 飲食又は喫煙しないこと。

(4) 他の傍聴人に迷惑をかけ、又は不体裁な行為をしないこと。

(5) 旗、のぼり類を携行しないこと。

(退場命令)

第22条 傍聴人がこの規則に違反し、傍聴席の秩序を乱すおそれがあるときは、注意を与え、なお改めない場合は、退場を命ずることができる。

2 傍聴人は、前項により退場を命ぜられたときは、速やかに退場しなければならない。

(その他)

第23条 すべてこの規則の疑義は、会長がこれを決する。ただし、会長は、総会に諮りこれを決することができる。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成26年7月18日農委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年7月18日農委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

雲南市農業委員会総会会議規則

平成16年11月1日 農業委員会規則第1号

(平成29年7月18日施行)