○雲南市農業委員会事務局処務規程

平成16年11月1日

農業委員会訓令第2号

(目的)

第1条 この訓令は、雲南市農業委員会事務局の事務を処理するため必要な事項を定めることを目的とする。

(職務)

第2条 統括監は、会長の命を受け事務局職員を指揮監督し、その所掌事務を掌理する。

2 管理監は、会長の命を受け統括監を補佐し、統括監に事故あるときは、その職務を代理する。

3 事務局長は、会長の命を受け事務局の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

4 事務局長に事故あるときは、予め会長の定める者がその職務を代理する。

5 職員は、上司の命を受け事務を処理する。

(所掌事務)

第3条 所掌事務は、次のとおりとする。

(1) 公印の管理に関すること。

(2) 委員の身分並びに報酬及び諸給与に関すること。

(3) 農業委員会予算に関すること。

(4) 文書の収受、発送及び編さん保存に関すること。

(5) 備品及び物品の購入保管に関すること。

(6) 総会及び委員会等に関すること。

(7) 農地法(昭和27年法律第229号)その他の法令によりその権限に属された農地等の利用関係の調整及び自作農の創設維持に関する事項並びに農業経営基盤強化促進法(昭和55年法律第65号)及び特定農山村地域における農林業等の活性化のための基盤整備の促進に関する法律(平成5年法律第72号)により権限に属された事項

(8) 土地改良法(昭和24年法律第195号)その他の法令によりその権限に属された農地等の交換分合及びこれに付随する事項

(9) 農地等として利用すべき土地の農業上の利用の確保に関する事項

(10) 農地等の利用の集積その他農地等の効率的な利用の促進に関する事項

(11) 法人化その他農業経営の合理化に関する事項

(12) 農業生産、農業経営及び農民生活に関する調査及び研究

(13) 農業及び農民に関する情報提供

(14) 農業及び農民に関する意見の公表建議又はその諮問に応しての答申

(15) 前各号のほか、法令等によりその権限に属されたこと。

(専決事項)

第4条 事務局長は、次の事項について専決することができる。ただし、専決した場合において必要があると認めるときは、その専決した事項を会長に報告しなければならない。

(1) 職員の出張命令及び復命の聴取に関すること。

(2) 職員の休暇及び欠勤の承認に関すること。

(3) 職員の時間外勤務及び休日勤務命令に関すること。

(4) 職員の職務に専念する義務の免除に関すること。

(5) 法令又は規定に基づく軽易な告示、公告、公表、公示送達に関すること。

(6) 公印の管理並びに使用許可に関すること。

(7) 公簿による証明、閲覧その他軽易な証明に関すること。

(8) 定例若しくは軽易な照会、回答、報告、通知その他これに類するもの。

(9) 前各号に準ずる事項その他軽易な事務処理に関すること。

(代決)

第5条 事務局長に事故あるときは、第2条第4項で定める者が代決する。

2 代決した事項は、遅滞なく後閲に供しなければならない。ただし、定例又は軽易な事項については、この限りでない。

(専決、代決の制限)

第6条 前2条の規定にかかわらず、重要又は異例と認められるものについては、専決又は代決することができない。

(その他)

第7条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、市長の事務部局において定めるものの例による。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成20年4月18日農委訓令第2号)

この訓令は、平成20年4月1日から施行する。ただし、第3条第6号の改正規定については、平成20年7月20日から施行する。

雲南市農業委員会事務局処務規程

平成16年11月1日 農業委員会訓令第2号

(平成20年7月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 農業委員会
沿革情報
平成16年11月1日 農業委員会訓令第2号
平成20年4月18日 農業委員会訓令第2号