○雲南市大東農村環境改善センター条例

平成16年11月1日

条例第215号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づき、大東農村環境改善センターの設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(設置)

第2条 雲南市の農業経営及び農村生活の改善合理化と市民の明るく豊かな文化生活、教養の向上と健康の増進並びに新しい農村の地域社会づくりのため大東農村環境改善センター(以下「改善センター」という。)を設置する。

2 改善センターは、雲南市大東町中湯石204番地1に置く。

(使用料)

第3条 改善センターの使用許可を受けた者は、次の各号の使用料を納付しなければならない。

(1) 会議室等の使用 別表第1

(2) 浴室の使用 別表第2

(使用料の減免)

第4条 前条の使用料は、規則の定めるところにより減免することができる。

(指定管理者による管理)

第5条 改善センターの管理は、地方自治法第244条の2第3項の規定により法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定により改善センターの管理を指定管理者に行わせる場合は、当該指定管理者は必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て改善センターの開館時間及び休館日を変更することができる。

(指定管理者の業務)

第6条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 改善センターの施設及び設備の使用の許可に関する業務

(2) 改善センターの施設及び設備の維持及び修繕に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、指定管理者が改善センターの管理上必要と認める業務

(利用料金)

第7条 第3条の規定にかかわらず、改善センターの管理を指定管理者に行わせる場合には、前条各号に掲げる業務のほか、当該指定管理者に改善センターの施設及び設備の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表第1及び第2に定める額を上限として、指定管理者が市長の承認を得て定める額とする。

3 指定管理者は、あらかじめ市長の承認を得て定めた基準により、利用料金の減免又は還付をすることができる。

(委任)

第8条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大東町農村環境改善センター設置及び管理条例(平成13年大東町条例第32号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月1日条例第76号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年10月10日条例第48号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

第9条 雲南市大東農村環境改善センター条例別表第1については平成22年3月31日までは次のとおりとする。

別表第1(第3条、第7条関係)

単位:円

区分

使用料(1時間当たり)

備考

冷暖房使用時

冷暖房未使用時

大集会室

1,840

1,260

 

会議室(和)

620

560

 

会議室(洋)

780

620

 

農事研修室

620

560

 

調理実習室

620

560

 

娯楽室

200

180

 

備考

1 営利を目的として使用するときは、使用料を2倍とする。

2 市外者が使用するときは、使用料を2倍とする。なお、市内に住所又は事務所のない者がその2分の1を超えるときは、市外者が使用するものとみなす。

3 営利目的で市外者が使用するときは、使用料を3倍とする。

附 則(平成23年12月26日条例第39号)

この条例は、平成24年1月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、公布の日から施行する。

(1)から(17)まで 

(18) 第48条の規定による改正後の雲南市大東農村環境改善センター条例第5条第1項の改正規定及び第7条第1項の改正規定

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

別表第1(第3条、第7条関係)

単位:円

区分

使用料(1時間当たり)

備考

冷暖房使用時

冷暖房未使用時

大集会室

1,890

1,700


会議室(和)

630

570


会議室(洋)

800

720


農事研修室

630

570


調理実習室

630

570


娯楽室

200

180


備考

1 営利を目的として使用するときは、使用料を2倍とする。

2 市外者が使用するときは、使用料を2倍とする。なお、市内に住所又は事務所のない者がその2分の1を超えるときは、市外者が使用するものとみなす。

3 営利目的で市外者が使用するときは、使用料を3倍とする。

別表第2(第3条、第7条関係)(浴室使用料)

区分

使用料

大人

300円

回数券(11枚綴り)3,000円

小・中学生

150円

回数券(11枚綴り)1,500円

幼児

無料

雲南市大東農村環境改善センター条例

平成16年11月1日 条例第215号

(平成26年4月1日施行)