○雲南市三刀屋明石緑が丘公園条例

平成16年11月1日

条例第239号

(設置)

第1条 地域住民を主体としたスポーツ・レクリエーション・芸能や趣味活動・農林漁業体験実習により農業に対する理解を深めるとともに、地域内外の交流促進を図るため、雲南市三刀屋明石緑が丘公園(以下「明石公園」という。)及びその附属施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 明石公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 雲南市三刀屋明石緑が丘公園

(2) 位置 雲南市三刀屋町坂本

(附属施設)

第3条 明石公園の附属施設は、次に掲げるとおりとする。

(1) 農林漁業体験実習館

(2) 農村景観活用交流施設

(3) 体験農園施設

(4) レクリエーション広場

(5) 山村広場

(6) 交流促進施設

(7) 伝統文化等保存伝習施設

(8) ゲートボール場

(9) その他明石公園の設置目的を達成するために必要な施設

(事業)

第4条 明石公園は、次の事業を行う。

(1) 農林漁業の振興に関すること。

(2) 保健体育及び健康管理の増進に関すること。

(3) 伝統文化部門の振興に関すること。

(4) 地域内外及び都市との交流に関すること。

(5) 農林漁業体験に関すること。

(6) 市長が特に必要と認めた事業に関すること。

2 市長は、前項各号に掲げるもののほか、支障のない限り、次に掲げる行為に利用させることができる。

(1) 個人又は団体の利益のための集会、催し等

(2) 営利を目的とする宣伝、興行等

(3) 物品の販売及びこれに類する行為

(4) 前3号のほか、市長が必要と認めた行事

(利用の許可)

第5条 明石公園を利用しようとする者(以下「利用者」という。)は、あらかじめ市長に届け出て許可を得なければならない。

(利用の条件)

第6条 市長は、明石公園の利用を許可するに当たっては、利用の目的、範囲及び使用料その他管理上必要な条件を付すことができる。

(利用の停止又は取消し)

第7条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用の条件を新たに付し、若しくはこれを変更し、若しくは利用を停止し、又は許可を取り消すことができる。

(1) この条例その他これに基づく規定又は命令に違反したとき。

(2) 第11条各号のいずれかに該当する事由が判明し、又は生じたとき。

(3) 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。

(4) 利用の条件に違反したとき。

(5) 市長が必要と認めたとき。

2 前項の措置によって利用者が損害を受けた場合においても、市は、補償の責任は負わない。

(使用料)

第8条 利用者は、別表に定める使用料(消費税相当額を含む。)を納付しなければならない。

2 前項の使用料は、利用の許可を受けたときに納付するものとする。ただし、特に市長が認めた場合は、使用料の一部又は全部を利用後に納付することができる。

(使用料の減免)

第9条 市長は、公益上特に必要があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第10条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次に掲げる場合においては、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 利用者の責めに帰さない理由により利用することができないとき。

(2) 利用前に利用の許可を取り消し、又は変更の申出をし、市長が相当の理由があると認めたとき。

(3) 施設管理上の理由により市長が必要と認めたとき。

(入場の制限)

第11条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、明石公園への入場を拒み、又は退場を命ずることができる。

(1) 秩序又は風俗を乱し、又は乱すおそれがあると認められる者

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。

(3) 他人に危害を及ぼし、又は他人の迷惑となるおそれのある物を携行する者

(4) その他管理上支障があると認められる者

(原状の回復の義務及び損害賠償)

第12条 利用者は、利用を終わったときは、速やかに原状に回復して返還しなければならない。

2 前項の返還の場合において、利用者が故意又は過失により施設等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理)

第13条 明石公園の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

2 前項の規定により明石公園の管理を指定管理者に行わせる場合は、当該指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て、明石公園の開館及び閉館時間、休館日、受付時間を変更することができる。

3 第1項の規定により明石公園の管理を指定管理者に行わせる場合は、第5条第6条第7条及び第11条の規定中「市長」とあるのは、「指定管理者」と読み替えるものとする。

(指定管理者の業務)

第14条 指定管理者は、次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 第4条各号に掲げる事業

(2) 明石公園の施設及び設備の使用の許可に関する業務

(3) 明石公園の施設及び設備の維持及び修繕に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が明石公園の管理上必要と認める業務

(利用料金)

第15条 第8条の規定にかかわらず、明石公園の管理を指定管理者に行わせる場合には、前条各号に掲げる業務のほか、当該指定管理者に明石公園の施設及び設備の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を収受させることができる。

2 利用料金の額は、別表に定める額を上限として、指定管理者が市長の承認を得て定める額とする。

3 指定管理者は、あらかじめ市長の承認を得て定めた基準により、利用料金の減免又は還付をすることができる。

(委任)

第16条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の三刀屋町明石緑が丘公園及びその附属施設の設置及び管理に関する条例(平成11年三刀屋町条例第1049号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月1日条例第87号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年6月27日条例第39号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年9月27日条例第58号)

この条例は、平成19年10月1日から施行する。

附 則(平成20年10月10日条例第48号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月31日条例第25号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

別表(第8条、第15条関係)

区分

利用時間等

使用料(円)

体験実習館(明石ふれあい館)

研修室

午前9時~午後6時

1室1時間当たり 530

午後6時~午後10時

1室1時間当たり 800

和室

午前9時~午後6時

1室1時間当たり 530

午後6時~午後10時

1室1時間当たり 800

宿泊 午後4時~翌日午前10時

大人(高校生以上)

1人1泊 4,100

小人(小・中学生)

1人1泊 3,240

幼児(3歳~5歳)

1人1泊 2,910

農産物加工室

午前9時~午後6時

1室1時間当たり 530

午後6時~午後10時

1室1時間当たり 800

シャワー

午前9時~午後6時(宿泊者は除く。)

1人1回当たり 100

農村景観活用交流施設

コテージ

宿泊 午後4時~翌日午前10時

1棟 12,960

休憩 午前9時~午後5時

1棟1時間当たり 530

クリーニング料

1,080

キャンプ場

テントサイト

1区画 640

テント

1張り 750

炊事用具

一式 960

体験農園施設(ログハウス)

談話室

午前9時~午後6時

1室1時間当たり 530

宿泊室

宿泊 午後4時~翌日午前10時


全館利用

38,880

大人(高校生以上)

1人1泊 4,100

小人(小・中学生)

1人1泊 3,240

幼児(3歳~5歳)

1人1泊 2,910

レクリエーション広場

パークゴルフ場

プレー料(18ホール)

1回1人当たり 1,080

用具貸出

一式1人当たり 530

グラウンドゴルフ場

プレー料(8ホールポスト)

1回1人当たり 430

山村広場(野球場)


1時間当たり 1,020

スコアボード等

1時間当たり 820

交流促進施設

Aゾーン


1時間当たり 2,160

その他利用


1時間当たり 800

Bゾーン


1コート1時間当たり 510

伝統文化等保存伝習施設

伝習館

午前9時~午後6時

1時間当たり 310

午後6時~午後10時

1時間当たり 480

放送設備


1回当たり 800

照明設備


1回当たり 1,610

ゲートボール場

屋外コート

午前9時~午後6時

1コート1時間当たり 210

屋内コート

午前9時~午後10時

1コート1時間当たり 310

照明


1コート1時間当たり 310

駐車場(営利を目的とする場合)


1回につき(1平方メートル当り) 50

食材提供・売店


実費を考慮して定める額

備考

1 営利を目的として利用するときは、この表に定める使用料の2倍に相当する額とする。

2 1時間に満たない時間は1時間とし、1時間を超える時間の30分未満はこれを切り捨て、30分以上1時間未満は1時間に切り上げる。

3 市長は、必要があると認めたときは、付加使用料を徴収することができる。

雲南市三刀屋明石緑が丘公園条例

平成16年11月1日 条例第239号

(平成26年4月1日施行)