○雲南市三刀屋農村環境改善メインセンターの警備委託に関する規程

平成16年11月1日

訓令第50号

第1条 三刀屋農村環境改善メインセンター(以下「メインセンター」という。)施設及び構内の秩序維持並びに施設等の保全管理に当たるため警備員を置く。

第2条 警備員は、市の職員以外の者をもって充て、委託契約により行う。

第3条 警備員は、メインセンター所長の指示に従い、次に定める業務を行う。

(1) メインセンターの出入口の開閉に関すること。

(2) メインセンター及び構内における秩序の維持に関すること。

(3) 火災、盗難その他災害の予防に関すること。

(4) 使用の受付、許可業務に関すること。

(5) 使用料の徴収、納入に関すること。

(6) 設備の管理に関すること。

第4条 警備員の人数は、1回当たり1人とする。

第5条 警備員の勤務時間は、午後5時から午後10時までとする。ただし、メインセンターの使用がない場合は閉館とし、勤務を要しないこととする。

第6条 警備員には、委託料として1回当たり2,000円を支払うものとする。

2 前項の委託料は、毎月15日に締め切り、月末までに支払うものとする。

第7条 警備員は、自己の責めに帰すべき理由により市に損害を与えた場合は、その損害を賠償しなければならない。

第8条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

雲南市三刀屋農村環境改善メインセンターの警備委託に関する規程

平成16年11月1日 訓令第50号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 農林畜産/第2節
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第50号