○雲南市家畜集合センター等に関する条例

平成16年11月1日

条例第244号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、雲南市家畜集合センター等の設置及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 雲南市における農畜産物の生産・出荷技術に係る集合指導、研修等を一体的に実施し、品質に優れ市場性の高い優良な生産物を出荷するため、雲南市家畜集合センター等(以下「センター等」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第3条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

木次畜産集合検査場

雲南市木次町東日登503番地1

三刀屋家畜集合センター

雲南市三刀屋町坂本851番地

吉田集畜場

雲南市吉田町吉田861番地2

掛合集畜センター

雲南市掛合町掛合1,318番地

(使用の許可)

第4条 センター等の施設及び設備(以下「施設等」という。)を使用する者は、市長の許可を受けなければならない。

2 市長は、センター等の管理上必要があるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(使用の不許可)

第5条 市長は、施設等の使用が次の各号のいずれかに該当するときは、当該使用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良なる風俗を害するおそれがあると認めたとき。

(2) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めたとき。

(3) 施設設備又は器具等を破損するおそれがあると認めたとき。

(4) その他管理上支障があると認められるとき。

(特別な設備)

第6条 第4条第1項の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、施設に特別な設備をし、又は設備を変更してはならない。ただし、市長の許可を受けたときは、この限りでない。

(使用者の義務)

第7条 使用者は、施設等の使用に際しては、この条例及びこれに基づく規則並びに第4条第2項の規定により許可に付された条件に従わなければならない。

(目的外使用の禁止)

第8条 使用者は、施設等を許可を受けた目的以外に使用し、又は使用の権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(許可の取消し及び使用の中止命令)

第9条 市長は、使用者が前2条の規定に違反したとき、又は公共の福祉のためやむを得ない理由があるとき、第5条各号のいずれかに該当する事由が判明し、若しくは生じたとき、及び偽りその他不正な手段により使用の許可を受けたときは、第4条第1項の許可を取り消し、又は使用者に対して中止を命ずることができる。

2 前項の措置によって使用者が損害を受けた場合においても、市は、補償の責任は負わない。

(使用料)

第10条 使用者は、第4条第1項の使用許可を受けたときは、別表に定める使用料を納付しなければならない。ただし、市及び市の機関の使用にかかわるものは除く。

2 前項の使用料は、使用の許可を受けたときに納付するものとする。ただし、特に市長が認めた場合は、使用料の一部又は全部を使用後に納付することができる。

(使用料の減免)

第11条 市長は、前条の規定にかかわらず、特に必要があると認めたときは、使用料の額を減額し、又は免除することができる。

(使用料の還付)

第12条 既納の使用料は、還付しない。ただし、次の場合においては、その一部又は全部を還付することができる。

(1) 使用者の責めに帰さない理由により使用することができないとき。

(2) 使用前に使用の許可の取り消し、又は変更の申出をし、市長が相当の理由があると認めたとき。

(3) 施設管理上の理由により市長が必要と認めたとき。

(原状回復の義務)

第13条 使用者は、その施設等の使用を終わったときは、速やかに原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第14条 使用者が、故意又は過失によって施設等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

(委任)

第15条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の三刀屋町家畜集合センター設置及び管理に関する条例(平成元年三刀屋町条例第725号)又は掛合町家畜集合施設設置条例(平成2年掛合町条例第12号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月1日条例第92号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年9月27日条例第56号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年12月26日条例第62号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、公布の日から施行する。

(1)から(26)まで 

(27) 第69条の規定による改正後の雲南市家畜集合センター等の設置及び管理に関する条例題名の改正規定

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の使用料又は手数料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

別表(第10条関係)

使用時間

金額

備考

1日当たり

2,160円

 

半日当たり

1,080円

 

雲南市家畜集合センター等に関する条例

平成16年11月1日 条例第244号

(平成26年4月1日施行)