○雲南市畑鵯森林公園設置及び管理条例

平成16年11月1日

条例第325号

(趣旨)

第1条 この条例は、森林による良好な生活環境の保全及び森林と人とのふれあいを目的に設置した雲南市畑鵯森林公園(以下「公園」という。)の設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(位置)

第2条 公園の位置は、次のとおりとする。

位置 雲南市大東町畑鵯1002番地

(指定管理者による管理)

第3条 公園の管理は、法人その他の団体であって、市長が指定する者(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

2 指定管理者の指定に関しては、別に条例で定める。

(使用の許可)

第4条 施設を使用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。許可を受けた事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 指定管理者は、施設の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(秘密保持義務)

第5条 指定管理者は、公の施設を管理するにあたって知り得た個人情報(以下「保有個人情報」という。)を取り扱う場合については、漏えい、滅失又はき損の防止など保有個人情報の適切な管理のための措置を講じなければならない。

2 指定管理者又は公園の管理業務に従事している者(以下「従事者」という。)は、管理を通じて知り得た秘密を他に漏らし、又は自己の利益のために利用してはならない。指定管理者の指定の期間が終了し、若しくは指定を取り消され、又は従事者の職務を退いた後においても、同様とする。

(行為の制限)

第6条 公園において次の各号に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(1) 物品の販売、募金その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真を撮影すること。

(3) 興行を行うこと。

(4) 競技会、展示会、集会その他これらに類する催しのため、公園の全部又は一部を独占して使用すること。

(5) 花火、キャンプファイヤー等の火気を使用すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、市長が公園の管理上特に必要があると認める行為。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為を行う場所又は施設、行為の期間、行為の目的その他規則で定める事項を記載した申請書を市長に提出しなければならない。

3 第1項の許可を受けた者が許可を受けた事項を変更しようとするときは、当該事項を記載した申請書を市長に提出して、その許可を受けなければならない。

4 第1項及び前項の許可は、その行為が公衆の公園の利用に支障を及ぼさないと認められる場合であり、かつ、公益及び風致を害するおそれがないと認められる場合に限り、与えることができる。

5 市長は、第1項又は第3項の許可に公園の管理上必要と認める条件を付することができる。

(委任)

第7条 この条例の施行に関して必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の畑鵯森林公園設置及び管理条例(平成16年大東町条例第22号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

雲南市畑鵯森林公園設置及び管理条例

平成16年11月1日 条例第325号

(平成16年11月1日施行)