○雲南市道の駅さくらの里きすき条例施行規則

平成16年11月1日

規則第168号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市道の駅さくらの里きすき条例(平成16年雲南市条例第274号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(休館日及び開館時間)

第2条 雲南市道の駅さくらの里きすき(以下「道の駅」という。)の休館日は、別表のとおりとする。ただし、指定管理者が必要があると認めるときは、休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

2 道の駅の開館時間は、別表のとおりとする。ただし、指定管理者が必要があると認めたときは、開館時間を変更し、又は臨時に開館時間を定めることができる。

(利用の申請)

第3条 条例第4条の利用許可を受けようとする者は、利用する5日前までに利用許可申請書(様式第1号)を指定管理者に提出しなければならない。

(利用の許可)

第4条 指定管理者は、前条の利用申込書を受理したときは、利用許可書(様式第2号)を申込者に交付するものとする。

(利用の変更等)

第5条 条例第4条の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が当該許可に係る事項を変更又は取消しをするときは、利用しようとする日の2日前までに利用許可取消(変更)申請書(様式第3号)を指定管理者に提出しなければならない。

2 指定管理者は、前項の規定による利用の変更又は取消しを許可したときは、利用許可取消(変更)許可書(様式第4号)を交付するものとする。

(利用料金の免除)

第6条 条例第13条の規定により、次に掲げる場合は、利用料金を免除する。

(1) 市又は雲南市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が主催又は共催して行う行事に利用するとき。

(2) 市又は教育委員会の認定をした団体が行う行事に利用するとき。

(3) 市長が特に必要と認めたとき。

2 利用料金の免除を受けようとする場合は、第3条に規定する利用申込書にあわせて道の駅利用料金免除申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(損傷等の届出)

第7条 利用者は、道の駅の施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、速やかに指定管理者に届け出て、その指示に従わなければならない。

(利用終了の届出)

第8条 利用者は、施設の利用を終了したときは、速やかにその旨を指定管理者に届け出てその点検を受けなければならない。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第55号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第27号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年6月27日規則第65号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第2条関係)

 

休館日

開館時間

特産品販売コーナー

毎月第1・第3火曜日。ただし、下記は除く。

(1) 8月13日から8月15日

(2) 12月

午前9時から午後7時まで

地域食材提供コーナー

午前9時から午後9時まで

農産物販売所

午前7時から午後3時まで

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

雲南市道の駅さくらの里きすき条例施行規則

平成16年11月1日 規則第168号

(平成19年6月27日施行)