○雲南市斐伊川河川敷公園条例施行規則

平成16年11月1日

規則第176号

(趣旨)

第1条 この規則は、雲南市斐伊川河川敷公園条例(平成16年雲南市条例第278号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(行為の許可申請)

第2条 条例第5条第2項の規則で定める事項は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるものとする。

(1) 物品の販売その他の営利を目的とした行為をする場合 販売品目その他営業行為の内容、営業時間及び従事者数

(2) 募金その他の勧誘行為をする場合 趣旨、方法及び従事者数

(3) 競技会、集会、展示会、博覧会その他これらに類する催しをする場合 参集予定人数、競技会等に使用する主な物品及び機械並びに現場責任者の住所氏名

(4) 許可を受けた事項を変更しようとする場合 変更しようとする事項及びその理由

(許可書の交付)

第3条 市長は、条例第5条第4項の許可を与えたときは、申請者に利用許可書を交付する。

(使用料の免除)

第4条 条例第9条の規定により、使用料を免除することができる場合は、次に定めるものとする。

(1) 市が共催する行事に利用するとき。

(2) 市長が特に必要と認めたとき。

2 前項の免除を受けようとする者は、斐伊川河川敷公園使用料減免申請書を斐伊川河川敷公園利用許可申請書と同時に市長に提出しなければならない。

(使用料の還付)

第5条 条例第10条ただし書の規定により既に徴収した使用料を還付する場合の還付する額の基準は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 利用者の責任でない事由で利用できなくなったとき 全額

(2) 利用する日の前日までに利用の申請を取り下げたとき 全額

2 使用料の還付を受けようとする者は、斐伊川河川敷公園を利用しようとした日から1月以内に斐伊川河川敷公園使用料還付請求書を市長に提出しなければならない。

(申請書、許可書等の様式)

第6条 条例又はこの規則に規定する申請書、許可書等の様式は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるものとする。

(1) 条例第5条第2項の規定による斐伊川河川敷公園利用許可申請書 様式第1号

(2) 条例第5条第3項の規定による斐伊川河川敷公園利用変更許可申請書 様式第2号

(3) 条例第5条第4項の規定による斐伊川河川敷公園利用許可書 様式第3号

(4) 条例第9条第1項の規定による斐伊川河川敷公園使用料減免申請書 様式第4号

(5) 条例第10条第1項の規定による斐伊川河川敷公園使用料還付請求書 様式第5号

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第2号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

雲南市斐伊川河川敷公園条例施行規則

平成16年11月1日 規則第176号

(平成19年4月1日施行)