○雲南市下熊谷揚水施設の管理に関する条例

平成17年4月1日

条例第17号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき下熊谷地区県営農業用河川工作物応急対策事業によって造成された揚水機場(以下「揚水機場」という。)の管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(名称及び位置)

第2条 揚水機場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

下熊谷揚水機場

雲南市木次町下熊谷地内

(施設)

第3条 揚水機場の施設は、次のとおりとする。

(1) 集水管及び導水管

(2) 集水井及び水中ポンプ

(3) 乗越配管

(4) ポンプ操作盤

(指定管理者の指定等)

第4条 次に掲げる揚水機場の管理に関する業務は、指定管理者に行わせるものとする。

(1) 揚水機場の運転操作及び保守管理に関すること。

(2) その他市長が定める業務

2 指定管理者の指定に関しては、別に定めるところによる。

(委任)

第5条 この条例に定めるもののほか、揚水機場の管理に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

雲南市下熊谷揚水施設の管理に関する条例

平成17年4月1日 条例第17号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 農林畜産/第2節
沿革情報
平成17年4月1日 条例第17号