○雲南市プロジェクトチームの設置に関する規程

平成17年1月31日

訓令第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、専門化、かつ、複雑化する行政需要に対処して、特定の緊急かつ重要な課題(以下「プロジェクト」という。)の解決のため、人員及びその能力を特定組織に結集し、その課題解決にあたることを目的とする。

(設置等)

第2条 市長は、雲南市行政組織規則(平成16年雲南市規則第4号)第11条の規定に基づき、2以上の部局に関連する事項又は全庁的に対処すべきプロジェクトに対し、必要があると認めるときは、プロジェクトチーム(以下「チーム」という。)を設置することができる。

2 チームの設置に当たっては、要綱により次に掲げる事項を定めるものとする。

(1) 名称

(2) 設置の目的

(3) 所掌事務

(4) 構成員の数

(5) 庶務を担当する部課等

(6) 設置期間

(7) その他必要な事項

3 チームは、そのプロジェクトに最も関係する部局の長(以下「主管部長」という。)が主管するものとする。

(構成員)

第3条 チームの構成員(以下「構成員」という。)は、職員のうちから市長が指名する。

2 構成員は、現所属のまま当該チームの所掌する事務に従事するものとする。

(チームリーダー及びサブチームリーダー)

第4条 チームに、チームリーダー及びサブチームリーダーを置く。

2 チームリーダー及びサブチームリーダーは、当該メンバーのうちから市長が指名する。

3 チームリーダーは、チームの事務を掌理する。

4 チームリーダーは、随時、チームが所掌する事務の進捗状況を主管部長に報告しなければならない。

5 チームリーダーは、チームが所掌する事務を処理するため必要があると認めるときは、関係部局等の長に対し、資料の提出その他必要な協力を求めることができる。

6 サブチームリーダーは、チームリーダーを補佐し、チームリーダーに事故あるときはその職務を代理する。

(構成員の所属長の協力)

第5条 構成員の所属長は、当該構成員がチームの所掌する事務に従事しようとするときはこれに協力しなければならない。

(関係部課等の長の協力)

第6条 チームに関係する部課等の長は、チームの運営に協力しなければならない。

(予算の執行)

第7条 チームが所掌する事務に係る予算は、第2条第2項第5号に定める庶務を担当する部課等において処理する。

(成果の報告)

第8条 チームリーダーは、当該チームが所掌する事務の処理が完了したときは、その成果を主管及び関係する部長を通じて市長に報告しなければならない。

(解散)

第9条 チームは、次の各号のいずれかに該当する場合は、解散するものとする。

(1) 所掌事務の処理が完了したとき。

(2) 設置期間が経過したとき。

(3) その他チームを存続させる必要がなくなったとき。

(委任)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この訓令は、平成17年1月31日から施行する。

附 則(平成19年3月27日訓令第6号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

雲南市プロジェクトチームの設置に関する規程

平成17年1月31日 訓令第1号

(平成19年4月1日施行)