○雲南市民バス広告取扱要綱

平成18年3月31日

訓令第16号

(趣旨)

第1条 この要綱は、雲南市民バス(以下「市民バス」という。)の車両における広告の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(掲出の範囲)

第2条 市民バスの車両における広告は、次の各号に該当しないものとする。

(1) 法令又は条例等に違反し、又は違反するおそれのあるもの

(2) 公の秩序又は善良な風俗に反し、又は反するおそれのあるもの

(3) 政治性のあるもの又は選挙に関するもの

(4) 宗教性のあるもの又は迷信若しくは非科学的なものに関するもの

(5) 社会問題についての意見広告又は係争中の声明広告

(6) 個人の名刺広告又はその疑いのあるもの

(7) 求人広告及びこれに類するもの

(8) 社会的又は市民生活的な観点から適切でないもの

(9) 消費者保護の観点から適切でないもの

(10) 雲南市又は他の地方公共団体が広告の対象を推奨しているかのような表現のもの

(11) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当でないと判断したもの

(広告の掲出場所)

第3条 広告を掲出する場所は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市民バス車両

(広告の種類等)

第4条 広告の種類、掲出期間は、別表に定めるとおりとする。

2 広告料金の額は、別表に定める額を下限とする。

(広告の申込み)

第5条 広告の掲出を申し込もうとする者(以下「申込者」という。)は、市民バス広告申込書(様式第1号)に広告の見本又は図面を添えて市長に申し込まなければならない。

(広告の承認等)

第6条 市長は、前条の申込みを受けたときは、その内容を審査し、掲出の可否を決定するものとする。

2 市長は、前項の決定したときは、市民バス広告承認通知書(様式第2号)又は市民バス広告不承認通知書(様式第3号)により申込者に通知するものとする。

(広告審査会の設置)

第7条 市長は、市民バスの車両における広告に関し次の各号に掲げる事項について調査審議するため、市民バス広告審査会(以下「審査会」という。)を置く。

(1) 前条に基づく広告掲出の決定等に関すること

(2) その他広告の掲出に関すること

(審査会の組織)

第8条 審査会は、委員長及び委員で構成する。

2 委員長は、政策企画部長とし、委員は次に掲げる者をもって充てる。

委員

政策企画部次長

総務部次長

総務部財政課長

総務部管財課長

市民環境部次長

教育委員会次長

3 審査会の処務は、政策企画部うんなんくらし推進課において処理する。

(審査会の会議等)

第9条 審査会の会議は、委員長が必要の都度召集し、会議の議長となる。

2 審査会の議事は出席者の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

3 審査会の会議を招集する時間がないと委員長が認めるときは、回議により審査を行うことができる。

4 審査会は、必要があると認めるときは、広告案に関連する課の長に対し、その表示内容等について意見を求めることができる。

(広告料金の納付)

第10条 広告料金は、広告の掲出前の指定された期日までに納付しなければならない。ただし、市長が特に認めた場合はこの限りではない。

(広告料金の還付)

第11条 既納の広告料金は、次の各号に定める場合を除き、還付しない。

(1) 第17条の規定に基づき広告の掲出の停止又は中止したとき

(2) 広告の掲出の承認を受けた者(以下「広告主」という。)第16条の掲出の取り下げを申し出て、市長がこれを認めたとき

2 前項の規定により還付する広告料金の額は、次の各号によるものとする。

(1) 当該広告が既に掲出されたものである場合は、既納の広告料金から既に掲出された期間について日割計算により算出した広告料金を差し引いた額とする。

(2) 当該広告が掲出されていないときは、既納の広告料金の全額とする。

(広告料金の減免)

第12条 市長は、雲南市(以下「市」という。)、国又は地方公共団体が掲出する広告については、広告の掲出の料金(以下「広告料金」という。)の一部を減額し、又はその全額を免除することができる。

(広告主の責任等)

第13条 広告の内容に関する責任は、当該広告の広告主が負うものとする。

2 第三者から掲出した広告に関連して損害を被ったという請求がなされた場合は、広告主の責任及び負担において解決しなければならない。

3 広告の作成については、広告主の負担とする。

(広告枠の一括売渡)

第14条 市長は、市民バスの車両における広告枠を広告代理店等の広告取扱業者に一括して売り渡すことができる。

2 前項の規定により広告枠を広告取扱業者に売り渡したときは、第5条及び第6条第2条に定める事項については、当該広告取扱業者を経由して行うものとする。

(承認の取消し)

第15条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、広告の掲出の承認を取り消すことができる。

(1) 広告主が広告料金を指定する日までに納入しなかったとき。

(2) 広告主が掲出広告を開始予定日の7日前までに提出しなかったとき。

(3) 広告主が第6条第1項の規定により掲出を承認された広告と異なる広告を掲出したとき。

(4) その他広告主の責に帰すべき理由があると市長が認めるとき。

(広告の掲出の取り下げ)

第16条 広告主は、掲出期間の満了前に広告の掲出を取り下げようとするときは、その旨を市長に申し出なければならない。

(広告の掲出の停止又は中止)

第17条 市長は、市民バスの事業運営上やむを得ない理由があると認めるときは、広告の掲出を停止又は中止することができる。

(広告物の掲出及び撤去)

第18条 広告物の掲出及び撤去は、市が行う。ただし、市長が必要と認めたときは、広告主にこれを行わせることができる。

(権利譲渡の禁止)

第19条 第6条第1項の規定により承認を受けた広告の掲出については、広告主は、その権利を他に譲渡してはならない。

(広告物件の返還)

第20条 掲出した広告物は、返還しない。ただし、あらかじめ市長が返還を認めた場合は、この限りでない。

(補則)

第21条 この要綱に定めるもののほか、広告の取扱いに関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年6月27日訓令第26号)

この訓令は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月31日訓令第10号)

この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月26日訓令第23号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成26年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、公布の日から施行する。

(1) 

(2) 第3条の規定による改正後の雲南市市民バス広告取扱要綱第8条第3項の改正規定

(経過措置)

2 この訓令による改正後の各訓令の使用料の規定は、平成26年4月1日から適用し、平成26年3月31日までのものについては、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月26日訓令第1号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)

(1) 市民バス車両

区分

名称

掲出箇所

規格(mm)

掲出単位

料金(円)

車外

看板

バス後下部

500×800

1年1枚

16,200

バス側面部

400×1,000

1年1枚

9,720

画像

画像

画像

雲南市民バス広告取扱要綱

平成18年3月31日 訓令第16号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策
沿革情報
平成18年3月31日 訓令第16号
平成19年6月27日 訓令第26号
平成23年3月31日 訓令第10号
平成25年12月26日 訓令第23号
平成30年3月26日 訓令第1号