○雲南市専門スタッフ要綱

平成18年3月31日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この訓令は、市長が各種団体又は法人(以下「企業等」という。)に所属する職員の知識、技能及び経験等を広く雲南市行政に活用するために設置する職員(以下「専門スタッフ」という。)の処遇等について、必要な事項を定めるものとする。

(任用)

第2条 専門スタッフは、企業等の職員として身分を保有したままで、雲南市職員と併任する。

2 専門スタッフの採用に当っては、あらかじめ、市長と企業等との間で、専門スタッフ協定書(様式第1号)を締結するものとする。

3 専門スタッフに対しては、辞令書を交付する。

(任用期間)

第3条 専門スタッフの併用期間は、1年以内とする。ただし、1年を超えない期間で期間を延長することができる。

2 前項の規定にかかわらず、専門スタッフが企業等の身分を失ったときは、期間満了とする。

(専門スタッフの職務)

第4条 専門スタッフは、雲南市における配属先の所属長(以下「所属長」という。)が指定する専門的事項に関する調査、研究、分析、企画及び調整等の業務に従事する。

(給与等)

第5条 専門スタッフの給与は、企業等の制度に基づいて企業等が支給する。

2 専門スタッフの給与にかかる雲南市の負担金等については、市長及び企業等で協議の上、これを定める。

(旅費)

第6条 専門スタッフが公務のために旅行したときは、雲南市職員の例により、雲南市が旅費を支給する。ただし、雲南市への着任及び企業等への復帰のための旅費は、企業等の制度を適用し、企業等の負担において支給する。

(勤務時間等)

第7条 専門スタッフの勤務時間及び休日等の取扱いは、雲南市の関係規定を適用する。

2 年次有給休暇及び特別休暇等については、企業等の制度により付与するものとし、その承認は所属長が行うものとする。

(服務)

第8条 専門スタッフの服務は、雲南市職員服務規程(平成17年雲南市訓令第6号)によるものとし、これにより難いときは、市長が別に定める。ただし、服務の宣誓は行わないものとする。

2 専門スタッフは、地方自治法(昭和25年法律第261号)第34条の規定に基づき、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。併用期間終了後も同様とする。

3 雲南市の公務に関する事項を外部へ発表する場合は、併用期間終了後においても所属長の承認を得なければならない。

4 その他の服務については、地方自治法及びこれらに基づく関係条例等の定めるところによる。

(社会保険等)

第9条 専門スタッフの社会保険等は企業等の制度を適用し、企業等の負担において加入する。

(分限及び懲戒)

第10条 専門スタッフの分限及び懲戒は、市長及び企業等がその都度協議して行うものとする。

(災害補償)

第11条 専門スタッフの併任期間中に、公務上又は通勤上の災害が発生した場合は、雲南市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成16年雲南市条例第47号)に定めるところにより措置する。

(福利厚生)

第12条 専門スタッフの保健及びレクリエーション等の福利厚生については、企業等において行うものとする。

(報告)

第13条 所属長は、専門スタッフの時間外勤務の実績及び勤務状況等を毎月末に締め切り、速やかに時間外勤務及び勤務状況等報告書(様式第2号)により企業等へ報告しなければならない。

(その他)

第14条 この訓令の実施に関して必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月28日訓令第11号)

この訓令は、平成24年4月1日から適用する。

画像画像画像

画像

雲南市専門スタッフ要綱

平成18年3月31日 訓令第12号

(平成24年4月1日施行)