○雲南市職員表彰規程

平成18年3月1日

訓令第1号

(目的)

第1条 この規程は、職員として他の模範とするにたる者を表彰し、職員に市民全体の奉仕者として自覚させるとともに、服務の刷新向上を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において「職員」とは、雲南市職員定数条例(平成16年雲南市条例第37号)の適用を受ける職員をいう。

(表彰)

第3条 表彰は、次の各号のいずれかに該当する者に対して市長がこれを行う。

(1) 雲南市職員として引き続き30年以上在職し、その職務に精励した者

(2) 前号の規定にかかわらず、他の模範となる行為及び業績のあった者

(欠格条項)

第4条 懲戒処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者は、前条に規定する表彰を受けることができない。

(基準日)

第5条 表彰は、毎年1月1日を基準とする。

(内申)

第6条 各課長及び各所属の長は、第3条の規定に該当する者があるときは、文書をもって市長に内申するものとする。

(追彰)

第7条 この規程により表彰される者がその表彰前に死亡したときは、追彰し、その遺族に授与する。

(表彰の取消し)

第8条 表彰を受けた者が職員としての体面を汚す行為をしたときは、その表彰を取り消すことができる。

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、職員の表彰について必要な事項は、別に市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成18年3月1日から施行する。

(在職期間の特例)

2 この規程の施行の前日において、合併前の大東町、加茂町、木次町、三刀屋町、吉田村若しくは掛合町又は木次三刀屋水道企業団及び木次町・三刀屋町公共下水道事務組合の職員であった者で引き続き雲南市の職員となった者の在職期間は、同規程による在職期間とみなす。

(表彰の特例)

3 当分の間、勧奨により退職する職員で職務に精励した者については、第3条第1号の規定にかかわらず、退職時に表彰を行う。

附 則(平成20年3月25日訓令第3号)

この訓令は、平成20年3月1日から施行する。

附 則(平成28年2月26日訓令第1号)

この訓令は、平成28年3月1日から施行する。

雲南市職員表彰規程

平成18年3月1日 訓令第1号

(平成28年3月1日施行)

体系情報
第4編 事/第5章 職員厚生
沿革情報
平成18年3月1日 訓令第1号
平成20年3月25日 訓令第3号
平成28年2月26日 訓令第1号