○工事負担金の徴収等の基準に関する規程

平成18年3月31日

企業管理規程第4号

(目的)

第1条 この規程は、雲南市水道事業給水条例(雲南市条例第299号。)第43条に定める工事負担金の徴収等について必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規程において次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 開発行為等 新たに水道水の供給を必要とすることとなる団地造成及び土地開発並びに区画整理事業等

(2) 配水施設 一般の需要に応じ、又は居住に必要な水道水を供給するために市が施設するポンプ施設、配水池及び配水管並びにこれらに附属する設備であって、給水装置及び市の水道メーターを除く水道施設

(3) 負担金工事 第1号の開発行為等に伴い新たに給水を受けるため、前号の配水施設の新設又は増設若しくは改造を必要とする場合において、市が施行する当該配水施設の新設又は増設若しくは改造の工事

(4) 受益者 第1号の開発行為等を行う者

(5) 管理者 雲南市水道事業管理者

(負担金工事の設計及び施行)

第3条 負担金工事の設計及び施行にあたっては、管理者は、水道施設設計指針、解説(平成2年社団法人日本水道協会発行)に基づき設計を行い、水道工事標準仕様書(平成8年社団法人日本水道協会発行)に従って施行するものとする。

2 管理者は、市において必要があると認めるときは、負担金工事を市の水道事業計画において予定する工事に含めて施行することができる。

(工事負担金の算定)

第4条 管理者は、工事負担金の算定にあたっては、水道施設整備費等国庫補助事業に係る歩掛表(厚生労働省制定)又は建設工事積算基準(島根県土木部制定)に基づき算出するものとする。

(配水施設の帰属)

第5条 負担金工事を施行した配水施設は、市に帰属するものとする。

(契約書の作成)

第6条 管理者は、負担金工事を施行するときは、あらかじめ工事の目的、施行場所施行の方法、工期、工事負担金の額及び納入方法その他の必要な事項を記入した契約書を作成し、当該受益者と契約しなければならない。

附 則

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

工事負担金の徴収等の基準に関する規程

平成18年3月31日 企業管理規程第4号

(平成18年4月1日施行)

体系情報
第11編 公営企業/第1章 水道事業
沿革情報
平成18年3月31日 企業管理規程第4号